FC2ブログ

記事一覧

(7)函館と星野リゾート・トマムの雲海

 四日目の朝がやってきました。この日も3時半に起きて、雲海テラスにゴンドラで登ってきました。写真は雲海テラスから見た夜明け前の空の様子です。 この日は快晴だったため、雲海は見えなかったのですが、その代わり、きれいな日の出が見えました。山の上に針でプチッと穴を開けたように太陽が昇ってきました。「天国に一番近いカフェ」といわれる標高1088mにある「てんぼうかふぇ」で、母は雲海ココア、私はクラムチャウダー...

続きを読む

(6)函館と星野リゾート・トマムの雲海

 写真は、夕食をいただいたレストラン・ニニヌプリの昼間の様子。まだ営業前です。ニニヌプリとは、アイヌ語で「木の多い山」という意味だそう。その名の通り、森の中のレストランです。 敷地内の施設は、こんなトンネルでつながっていました。リスなどの野生の小動物に出会えることもあるそうです。 ゴルフ場のカフェでお茶をしました。 コースが見渡せる特等席です。お客さんは私たち以外いませんでした。 母とふたりで頼ん...

続きを読む

(5)函館と星野リゾート・トマムの雲海

 三日目の朝、早朝3時半に起きて、ゴンドラに乗り、雲海を見に行きました。写真は雲海テラスです。 早朝にがんばって起きたおかげもあり、雲海が見られました!  雲海には3つの種類があり、この日見たトマム産雲海のほかに太平洋産雲海、悪天候型雲海があるとか。日高山脈を越えて流れ込む、壮大な雲海の景色にしばし見とれました。 雲海の発生率は例年30%ほどだといいますが、この年は調子がよくて、40%弱の確立で雲海が...

続きを読む

(4)函館と星野リゾート・トマムの雲海

 2014年9月25日、二日目の朝になり、ようやくすっきり晴れ上がりました。この日はこれから半日かけて、星野リゾートのあるトマム駅まで大移動します。 10時36分、函館駅から北斗5号に乗り、3時間10分、電車に揺られ、南千歳駅まで行きます。着いたら1時間ほど電車を待ち、その後、スーパーあおぞら7号に乗り換え、1時間10分電車に乗り、16時3分にトマム駅に到着です。 写真は社内販売で買った大沼だんご、420円。大沼公...

続きを読む

(3)函館と星野リゾート・トマムの雲海

 ロープウェイで函館山に登ってきました。左に函館湾と右に津軽海峡があり、挟まれる形で大地が広がり、シルエットが美しいですね。 日が暮れて、街の明かりが点ってきました。 さらに暮れてきた写真がこれ。1時間以上、飽きずに夜景を眺めていました。さすが世界三大夜景。 写真は函館の市電です。十字街から宝来町まで市電に乗り、夕食を食べに行きました。 ガイドブックに載っていたベリベリービーストというお店で食べた...

続きを読む

(2)函館と星野リゾート・トマムの雲海

 五稜郭を見た後は、1980年代にチャーミーグリーンのCMに使われた八幡坂(はちまんざか)にやってきました。坂を下った先にはいまは記念館となっている青函連絡船の摩周丸の姿が小さく見えます。 八幡坂、二十間坂(にじゅっけんざか)、基坂(もといざか)と函館山からは幾筋もの坂が海の方角に向かって延びています。 基坂を登って、旧函館区公会堂にやってきました。現在の建物は復元されたものですが、洞爺丸台風の海難審判...

続きを読む

(1)函館と星野リゾート・トマムの雲海

 2014年9月24日から9月27日まで、母と北海道を旅してきました。いつもは2泊3日ですが、今回は少し長めで3泊4日です。まずは、羽田空港から函館空港まで飛行機に乗りました。 写真は、函館朝市のどんぶり横丁市場道乃家食堂で食べた海鮮丼です。私は、アワビとウニとイクラが乗っているものをいただきました。 写真は母が頼んだ海鮮丼。イクラ、ウニ、ホタテ、カニが乗っています。母は生ものがあまり好きではないので、ほ...

続きを読む

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -