FC2ブログ

記事一覧

(前編)スペーシアXで、日光金谷ホテル!

IMG_4457(OK)

IMG_4450_20240117190921551.jpeg 長らくお待たせしました! 更新がないので、どうしちゃったかと心配させてしまいましたね。

 じつは、スペーシアXで日光金谷ホテルに滞在しておりました。いやぁー由緒正しい、歴史あるホテルでとても素敵でしたよ。スペーシアXも、かっこいい! 窓がXのデザイン!!

 ブログを書くのがライフワークなんですが、容量を超えちゃって、書くのに62日間で5500円取られてます。どうしたもんでしょうね。やめようかと思いましたよ。

IMG_4213.jpeg

IMG_4216_2024011707174650e.jpeg スペーシアXの車内です。最新式のものなので、足元もゆったり! 快適な列車でしたよ。

IMG_4219.jpeg スペーシアXのカフェです。先頭車両にあります。写真にはありませんが、オニオンコンソメラスクとストロベリーブラウニーとホットコーヒーを買いました。

 ストロベリーブラウニー、とってもおいしかったですよ。

 ただね、このカフェ、コーヒー1杯買うのにQRコードを読み込んで、名前、性別、年齢、メールアドレスをタッチパネルに入力しなければならなくて、パスワードも決めねければならなくて、もう面倒! なんとかならないの!! 文句のひとつも言いたくなります。

IMG_4227.jpeg

IMG_4224.jpeg 早いもので、日光に着きました。「マツコの知らない世界」で紹介されていた「揚げゆばまんじゅう」(250円)を食べました。

 皮はカリカリ、中はもっちりで、こしあんです。大変おいしいものでした。日光と言えば、湯葉が名物ですもんね。

IMG_4252_2024011708185407e.jpeg

IMG_4247_20240117075449ee0.jpeg 金谷ホテルの前でホテルマンの方に撮ってもらいました。

 母に買ってもらったTOCCAの赤いロングコートを着ています。「オンナ50歳、最後の赤ね」(もうこの年齢を超えたら着れないわね)と言われて買ったものです。

IMG_4230_20240117081952a18.jpeg

IMG_4233.jpeg 素敵でしょ。金谷ホテルの内部です。歴史ある建物ですね。

IMG_4241_202401170821278b1.jpeg 金谷ホテルベーカリーで、「百年カレーパイ」(500円)を買いました。

 なんでも、人気メニューの「百年ライスカレー」をパイ用にアレンジした金谷ホテル直営店でしか買えないものです。

 金谷ホテルの熟練のシェフが毎日、焼きたてをお店に出しています。じゃがいもやにんじんが入ったルーがとってもおいしい!

IMG_4244_20240117082925e46.jpeg アップルパイとクロワッサンを買いました。

 なんてドジ! 帰る時にホテルの部屋に忘れてきてしまいました。でも、心配しないで! 東京の飯田橋に金谷ホテルベーカリーの直営店があります。そこで買える!

 ホールのアップルパイがおいしそう。小さなアップルパイはパン生地なんですが、ホールのアップルパイはパイ生地でできています。

 でも、何千円もする! 食べたいけど、ちょっと手が届かない!? トーストに付けるコーヒースプレッドが売られています。おいしいでしょうね。

 食パンが食べ終わったら、夕食で出たバターの香りのするロイヤルブレッドと恨みのある(!?)アップルパイとクロワッサンとこのコーヒースプレッドを買ってくるつもりです。

 有楽町線に乗れば、なんてことはない10分で行けます(笑)。

 IMG_4254.jpeg タクシーに乗って(歩くと20分)、東照宮に行きました。その途中にある赤い新橋です。

 金谷ホテルが温泉ではないので(部屋にある小さなバスです)、帰りに「やしおの湯」というとても温まる日帰り温泉に入りに行きました。

 露天風呂に入っていると、話付きのスイスに何度も行っている画家のおばちゃまに出会いました。「新橋のすぐそばに「三ツ山」というおいしい水羊羹屋さんがあるわよ」という情報を得ました。

 御用邸に静養に来られる皇族に献上されるほか、早稲田大学を作った大隈重信により功労賞をいただいた誉高いものです。

 試食させていただいたんですが、プルプル、トロリのとってもおいしい水羊羹です。水羊羹というと夏のイメージがありますが、日光では冬なんだそうです。

 余談になりますが、水羊羹情報を下さったおばちゃま、金谷ホテルや上野の美術館で何度も個展を開かれるすごい画家さんなんですよ。

IMG_4257.jpeg 七福神の置物です。きゃーかわいい! でも、1万円もする。買えないので、こっそり写メを撮らせていただきました。いけない、いけない(笑)。

IMG_4259.jpeg「東照宮」と書かれた塔の前で観光客の方に撮ってもらいました。母がいやに老けて写ってます。もう80歳も間近ですもんね。

IMG_4264_20240117092106573.jpeg 東照宮の五重塔です。立派なものですね。気の早い母が来年の年賀状にしようかしらなんて言っています。

 今年の年賀状が「たんばらラベンダーパーク」でラベンダーに囲まれた写真で、帽子も藤色。大変好評なので、来年の年賀状も張り切ってます。

IMG_4267.jpeg

IMG_4270_20240117093012764.jpeg 陽明門です。拝観料1300円を払ったんですが、階段が急で手すりもないので、母も腰が悪いし、これより先は諦めました。残念!

IMG_4273.jpeg 東照宮に上島珈琲店(うえしまこーひーてん)がある! へぇーこんなところにね。

 青森のラグノオというメーカーのチョコレートケーキを「チョコ大好き人間」のダンナにお土産に買ってあげました。すごい濃厚! まるでチョコをそのまま食べているかのようです。おいしい!!

IMG_4277_202401170938370c0.jpeg ここで、トーストしたてのハムサンドと「ザントクーヘン」というバタークリームの挟まったケーキ、金ごまミルクコーヒーをいただきました。

 東京でも、金ごまミルクコーヒーをよく飲むのですが、香ばしいごまの香りのする大変おいしい飲み物ですよ。一度お試しあれ!

IMG_4280.jpeg 金谷ホテルから坂を下っていくとある金谷ホテルベーカリーです。赤いトンガリ屋根がかわいいですね。

IMG_4283_20240117094911b47.jpeg 金谷ホテルのお部屋です。黄色みを帯びた照明が素敵ですね。鏡台や文机、チェアもあります。

 時代を感じさせる金谷ホテルのお部屋ですが、コーヒーを淹れるネスプレッソの最新マシンがあります。花の香りのするコーヒー、エスプレッソ、ディカフェ(ノンカフェインコーヒー)をおいしくいただきました。

IMG_4285.jpeg 部屋の窓から見える景色です。趣(おもむき)のある建物でしょ? 立派な松も生えています。山や青空もいいでしょ!

IMG_4287 2 30年勤め上げたベテランのホテルマンの方に40分間の館内ツアーを案内してもらいました。ここはホテルの待合室です。年季の入った柱時計ですが、まだ動くんですよ。

 宿泊客もそうそうとした方々です。アインシュタイン、リンドバーグ、ヘレンケラー(目が見えないので、定規を当ててて、宿泊台帳にサインをするそうです)。

IMG_4290_2024011710062824b.jpeg ホテルの中にある「眠り猫」。

IMG_4293_202401171007147ab.jpeg これもホテル内の「三猿(見ざる、言わざる、聞かざる」。

IMG_4302.jpeg 鳥居にピカピカの鏡! 和洋折衷です。おもしろいですね。

IMG_4296 2 ディナーをいただくダイニングルームです。素敵でしょ!

IMG_4303.jpeg 天井画です。一枚一枚、違った絵が描かれています。

IMG_4319(ここまで) さて、6時からお待ちかねのディナーです。お腹、グーグー。楽しみ!

 ふ、ふ、ふ……(笑)。余談ですが、ブログの常連さんから、お正月におせちと飲んだ桂花陳酒(楊貴妃が作らせたキンモクセイを3年漬け込んだ甘い果実酒)のシャーベットが横浜の中華街で売られているそうです。

 さぞやおいしいでしょうね。でも、昔の話なので、もう売られてないかもということで、我が家の冷凍庫で製造中。

 これがアルコールが入っているので固まらない、固まらない。もう4時間経つんですが、ちょっとみぞれ状態になってきたかなという感じです。

 できあがるのは何時? 油断していると、カチンコチンになってしまうし、適度なところで、何回か混ぜ混ぜしなきゃならないし、部屋とキッチンを何度も往復しています(笑)。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

正直裏山

あけましておめでとうございます。

金谷ホテルと富士屋ホテルは滞在してみたいんですよね。
あと「日光を見ずに結構というな」というが如く日光も行きたいのです。正直うらやましすぎます。

お母様もお元気なようで何よりです。

まこり〜のさま

あけまして、おめでとうございます。

こんにちは。カエルのロビンです。コメント、ありがとうございます。

金谷ホテル、部屋の壁が薄く、隣の声が聞こえてきたりすので、ちょっと古いかなと思いますが、それにあまるほどの魅力があります。

箱根のクラッシックホテル・富士屋ホテルは、2020年に歴史を重ねた趣はそのままに機能性を向上させ、リニューアルオープンしたので、その点ではいいかもしれませんね。

でも、「日光を見ずに結構というな」ですね。うらやまけしからん!?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -