FC2ブログ

記事一覧

(5)ゲゲゲと隠岐西ノ島をめぐる旅

IMG_6889 のコピー ゲゲゲ旅最終回はお土産の紹介です。写真上は、鳥取の黒にんにく、一袋2160円。

 ホワイト六片という粒の大きいにんにくを、高温高湿の環境下に置いて40日間熟成させたもの。米子空港で買いました。

 にんにく特有のにおいはほとんどせず、お味はねっとりと甘く、プルーンを食べているかのようです。疲労回復作用や血液サラサラ効果が期待できるとか。

 写真右は鬼太郎かまぼこ。足立美術館で売られていたものです。プロセスチーズ入り。ほかに目玉おやじやねずみ男のかまぼこもありました。

 写真左は、妖怪飴あとひき小僧、378円です。鬼太郎や目玉おやじ、猫娘、ねずみ男などが金太郎飴になっています。

 母がお友達に配り、大好評だったもの。一列ずつトレーを切り離し、みなで持ち帰ったそうです。

IMG_6891 のコピー 写真は、米子空港で買ったどじょう掬(すく)いまんじゅう。ざる付き9個入り、756円。

IMG_6893 のコピー まんじゅうを包む透明なフィルムに水玉の豆しぼりの絵が印刷してあります。

 目と鼻を作ったまんじゅうをそれで包むと、どじょう掬いのひょっとこが完成というわけです。50年近くロングセラーになっているお菓子で、さすがにかわいいです。

 どじょう掬いの歌が安来節(やすぎぶし)というもので、足立美術館のある安来市が発祥だということを初めて知りました。

 この旅も素敵な景色とおいしいものに出会えました。おしまい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -