FC2ブログ

記事一覧

買っちゃった!

IMG_4875.jpeg 最近流行っている、若い女の子たちが着ていて、素敵だなぁと思っていた、チュールロングスカート。あたしが若い時には、こんな素敵な服はなかった。

 今日、近所のスーパーに行ったら、セール品になっていて、上下で2304円で売っていた。「えー! マジ!!」。自分の年齢も考えず、即買いしてしまった。

 母に戦利品を見せるように、着て見せた。いつもジーンズばかり履いているので、たまにはロングスカートもいいかなと思って、ウキウキしていた。

「あんたねぇ、自分の年も考えなさいよ。そういう服は若い子が着るもんでしょ。46歳のおばさんが着るもんじゃないわよ」。

「だって、お腹は出てるように見えないでしょ? お尻の大きさも隠せるし」。

「そういう問題じゃないわよ。年齢、年齢! それにあんたのボーイッシュなイメージにも合わないし」。

 がーん! 似合わないのかぁ。一度、こんな服を着てみたかったのにー!!

 友人の小学生になる子供に「ねぇ、おばさん」と言われて、ショックだったことがある。自分が思うより、確実に年は取っているんだなと思った。

 友人たちの前に着ていったら、どういう反応をされるだろう。元スッチーは容赦ないから、からかうだろうなぁ。

 お蔵入りか。自分のクローゼットにこの服があるだけでもいいか。でも、着てみたかったなぁ。

 いま、グループLINEで、元スッチーから書き込みがあった。

「かわいい服ね。でも、誰が着るの?」。

「あ・た・し(笑)」。

「マジで!」

「攻めるねー! 着たら写真撮って、送って。友として、言わなければならないことがあるかもしれん😆」。

 こわー!! ナニ言われるんだろう。

IMG_4899のコピー 母に撮ってもらった。正面は、ノーメイクだから、見せられない(笑)。

 まだ返事はない。早く、LINE見ろよ。戦々恐々としてるんだから。

 あっ来た。

「おー、意外といけそうやな」。

「ホント!」

「ウンウン」。

 よかった。着る自信が付いたわ。

 昨日、母は日大に行った。腎臓・高血圧・内分泌内科の先生に「心臓カテーテル手術の件ですけど、心臓の血管の狭窄率(きょうさくりつ)は正確に言うと93%でした。最初の診断では70%とお伝えしてましたけどね。結構太い血管で、本当に危ないところでした」。

「手術をしなかったら、翌朝、冷たくなっている可能性は、冗談じゃなくて、本当にありましたよ」。

 腎臓・高血圧・内分泌内科の先生は、心臓カテーテル手術をした浮間中央病院に週に3回通っている。

 手術を受けるときも、「日大だと待たされるから、僕が通っている浮間でやりましょう」と事が重大だとは思ってもみなかった時に気軽に声をかけてくれた。

 いつも通っている日大でやることにし、手術を待たされていたらと思うと、ぞっとする。信ずるものを持たないあたしだが、神様、マジでありがとね。

 取り留めた命で、来年、4月か5月頃、沖縄の宮古島に行きたいな。母も乗り気だし。コロナで情勢がどうなるかわからないけどね。

 母も74歳だし、いつまで旅行に出かけられるかなぁ。杖がないと歩けなくなってしまったしね。

 でも、せっかくの命、まだまだ楽しもう! 腎臓・高血圧・内分泌内科の先生にも、「心臓カテーテル手術も成功したし、あと20年は大丈夫でしょう」と笑って太鼓判を押されたという。

 まだまだ、心配をかけるけど、ライターの経験を生かし、有能な旅行コーディネーターだという自信はあるから、行きたい所があったら言ってね。最善のプランを考えてあげるよ。

 二人しかいない家族。旅行に行けるだけ行って、おいしいものも食べて、楽しく過ごしましょ。まだ、天国からはお呼びがかかってないようだしね。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -