FC2ブログ

記事一覧

デブが飛ぶ!! 小浜島の思い出

IMG_0207.jpg 2019年4月23日〜27日まで、四泊五日で、沖縄の小浜島に母と行った。日本最南端のリゾートホテル・はいむるぶしに泊まるのが目的だ。

 小浜島は、石垣島と西表島の間にある、とても小さな島だ。はいむるぶしとは、沖縄の方言で、「南十字星」を意味する。22時半を過ぎると、北斗七星の左隣に見える。

 はいむるぶしのある八重山地方は、「天文学者27名が厳選する綺麗な星空」で全国第1位に選ばれた。

 国際天文学連盟が決めた世界共通の星座名である88星座のうち、八重山地方では国内最多の84星座を望むこともできる。

 写真は、干潮の時にだけ現れる、三日月型の幻の島・浜島。はいむるぶしのアクティビティのひとつとして、連れて行ってもらった。はいむるぶしから小型ボートで15分ほどで着く。

IMG_0198.jpg 船に同乗した女の子たちが一斉に飛ぶ写真を船長さんに撮ってもらっていたので、私も撮ってもらうことにした。

 年齢には勝てず、高く飛べなかったが、満足だ。船長さん、ありがとう。

IMG_0191.jpg このスッピンの写真を見て、幻滅しないでもらいたい。デブだ(笑)。あと5キロ痩せないといけない。

IMG_0226.jpg 母が冗談で遺影に使って欲しいと言っていた一枚。スカートの裾が風にあおられ、マーメイドのようだ。奇跡的な一枚。

IMG_0280.jpg ホテルは営業を再開したが、島で歌い続けて、29年のつちだきくおさんの弾き語りライブは再開の目処がたっていない。

 コロナの飛沫感染を防ぐためだ。「解雇されちゃったりしてませんよね」とフロントに電話をかけたが、驚いたように否定していた。安心した。

 つちださんのご子息は、琉球大学の大学院に通っている。「金がかかってしょうがないよ」とボヤいていた。ライブが再開されないと収入面はどうなるのだろう。人ごとながら心配する。

 あーまた、小浜島に行って、はいむるぶしに泊まりたいな。ご飯がおいしいのよね。

 コバルトブルーの海と白い砂浜のコントラストが美しい、宮古島にも行ってみたい。

 早くコロナが収束して、日常が取り戻せますように。いまのままでは、東京から行ったら、感染させてしまうかもしれないので、多大な迷惑がかかる。東京の人間は、腫れ物に触るような存在だ。

ちんや看板1のコピー
すき焼きのコピー
IMG_4762.jpeg 今日は、デパートで牛肉を買ってきて、すき焼きにする。母が夏バテなので、肉をたんまり食べさせたい。

 すき焼きにすると母に言ったら、「浅草のちんやのすき焼きも、おごってね。一度食べてみたい」と言われてしまった。

 メス牛専門で、独特の甘い風味があることで知られている。一ヵ月熟成させるそうだ。

 いつも、小間切れを買ってくるのだが、店で食べると、味もいいけれど、値段も目の玉が飛び出るほど、お高い。

 でも、いーや、たまの親孝行。一番高い、お一人様 9900円の桐という、すき焼きをおごってやろうじゃないの。おいしくいただくためにも、早く夏バテを治してね、かーさん。

IMG_4505のコピー2
IMG_4757.jpeg『自由学園の「お食後」』というデザートのレシピ集に載っていた、ゼラチンの仲間のアガー。

 ゼラチンや寒天に比べ、透明度が高く、独特なぷるんとした弾力の食感になるそうだ。

 やはり、池袋のザ・ガーデン自由が丘と肉売り場の間の製菓材料店で売っていた。

 でこぽんと真穴みかんの缶詰も買ってきたので、みかんゼリーを作ろう。明日のおやつ、楽しみだ。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -