FC2ブログ

記事一覧

(1)森光子の放浪記の作者・林芙美子記念館

IMG_3264.jpeg
IMG_3795.jpeg チャリで行く途中、編集部の連中と仕事終わりに夜通し、ドンチャン騒ぎをしたダイニング&バーのZizzがあった。懐かしい。

IMG_3287.jpeg
IMG_3295.jpeg 山手通りと目白通りの交差点を越えて、さらに新宿方面へ向けて真っ直ぐに行く。

IMG_3298.jpeg 林芙美子記念館のスタッフの方が、ご親切にも、西武新宿線の中井駅まで迎えに来てくださった。電話はかけたが、よく私だとわかったものだ。

IMG_3307 (1)
IMG_3315.jpeg 新宿区立 林芙美子記念館の入口。家からチャリで40分ほどだった。私以外に見学者はいなかった。思う存分、見学することが出来た。

 昭和16年(1941)に建てた家。奇跡的にも、戦災を免れ、当時のままの家が残っている。昭和26年(1951)に芙美子が47歳で生涯を閉じるまで、10年間暮らした。

IMG_3864.jpeg 林芙美子記念館のチケット。入館料、大人150円。

IMG_3849のコピー 林芙美子記念館のパンフ。

IMG_3608.jpeg 格子戸門。

IMG_3575.jpeg 玄関。人気作家となり、多くの仕事を抱えていた芙美子のもとには、原稿の受け取りや執筆依頼の客が毎日、何人も訪れた。

 そのため、芙美子と家人は、原稿の催促を避けるためにも、居留守を使うことが、たびたびあったそうだ。

IMG_3581.jpeg 靴箱。来客の多さを表す、大きなものだ。

IMG_3579.jpeg 廊下から庭の緑が見える。

IMG_3614.jpeg チケット販売所。

IMG_3533.jpeg
IMG_3536.jpeg 次の間。ときに芙美子は、奥に設けた中庭側入口の濡れ縁で、朝一杯の冷酒を飲んだと伝えられている。

 布団を入れた奥の押し入れは、芙美子が大工に命じて、インド更紗を貼って作らせたもの。

IMG_3338.jpeg 
IMG_3553 (1) 書斎。芙美子は熱中すると、強度の近眼用眼鏡をはずし、顔を机につけるように執筆した。

 作品が仕上がると、自分で掃除をし、普段は家人にも触らせなかったそうだ。

 納戸として作られたこの部屋には、洋服入れや物入れなどが作り付けられ、使いやすく出来上がっている。

 部屋の中から半障子を通して、廊下越しに北の小庭が見えるなど、納戸とは思えないような趣向が凝らされている。

IMG_3324.jpeg 庭の池。当時は金魚はいなかったという。

IMG_3330のコピー 庭の草花。芙美子は生存中、この庭一面に孟宗竹を植えていたとか。

 その死後、次第に竹は切られ、その面影は、客間前の庭付近に見られるだけになった。

 この他、寒椿、ざくろ、かるみや、おおさかづき、もみじなど、芙美子が愛した木々がこの庭に植えられていた。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -