FC2ブログ

記事一覧

大石芳野 『夜と霧は今』 アウシュビッツ強制収容所

IMG_0483.jpeg 囚人の髪の毛で作った毛布。

IMG_0490.jpeg 主に女性が入れられていた収容所。

IMG_0497.jpeg 蚕棚式に三段ベッドが並び、600人から1200人が収容されていた木造バラック。

IMG_0502.jpeg 囚人用のトイレ(左)。人間の尊厳が失われた、極限の生活だっただろう。

IMG_0504.jpeg 黒々と書かれた「働けば自由になる」の門をくぐって、囚われの身になる。有刺鉄線の至る所に「近寄ると危険」の文字と骸骨絵の看板が立っていた。

IMG_0512.jpeg シャワー室では、「生」に区分された人が消毒され、死に区分された人は、黒い戸を開けて、毒ガス室へと送り込まれた。

IMG_0515.jpeg 毒ガス室の壁は、チクロンBが付着して化学変化を起こし、不気味に変色していた。

IMG_0521.jpeg 囚人の脂肪で作られたという石けん。フェノール液の注射器。ナチスの医師は、これを囚人の心臓に突き刺して、殺害した。

IMG_0525のコピー アウシュビッツを生き延びた人。

IMG_0529のコピー 孫娘。子孫を残せた貴重なユダヤ人。「大人になったら、社会で役立つ人になりたい。例えば、看護師のように」。

 この写真集には、思い入れがある。大石芳野のアシスタントだった男性と親しくしていたのだが、数寄屋橋の交差点で、「アフリカの緑色の月が見てみたいですね」と話していた。

 しばらくして、タイを新婚旅行中、交通事故に遭い、亡くなった。花嫁は生還。気も狂わんばかりだっただろう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -