FC2ブログ

記事一覧

(4)【宇都宮】巨大地下神殿とカキ氷

IMG_4389.jpeg 地下採掘場へと降りる長い階段。

IMG_4393.jpeg すごい湿気だ。眼鏡が曇って、自分が何を写しているのか、わからない。

 自宅に帰って、初めて自分が何を撮影していたのかを知る。写真をトリミングしたり、傾きを直したりするのが大変だった。

IMG_4502.jpeg 寒い。本日の坑内気温10度。外は30度超えの真夏日だが、ユニクロの薄手のダウンを着る。マスクを着用するように言われる。

IMG_4397.jpeg 大谷石は、ツルハシで手彫りをしていた時代と機械掘りの時代がある。これは、ツルハシを持った人形。

IMG_4498 (1) ツルハシの跡が残る、手彫りの時代。

IMG_4442 (1)
IMG_4462.jpeg 昭和35年に完全に機械化された。

IMG_4450.jpeg 一日の採石本数。手彫り時代は、石の切り出しから仕上げまで、一日に加工できる本数は、五十石。一人あたり10本だった。

 石を一本掘るのに4000回もツルハシをふるたったという。

 機械化以降は、一人あたり一日に50本ほどが加工できるようになった。

IMG_4406 (1) さらに地下へと降りる。

IMG_4429 (1) 広い空間に降り立った。地下最深部だろうか。

IMG_4412 (1) 機械掘りが赤くライトアップされていた。

IMG_4415のコピー 2019年に地下採掘場跡で行われた、「還暦記念個展 假屋崎省吾の世界展」。作品を寄贈され、展示してあった。

IMG_4437.jpeg 本当に地下神殿のようだ。19歳の頃からつるんでいる友人二人に、行って来たことをLINEで報告すると、二人とも行ったことがあると書いて来た。

 元スッチーからは、少年隊の映画『19ナインティーン』の撮影に使われていたと返信があり、熱烈な東山紀之ファンの彼女は、それで訪れたと言っていた。

「大谷石といえば、少年隊よ」と笑わせるLINEが飛んで来る。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -