FC2ブログ

記事一覧

(1)【宇都宮】巨大地下神殿とカキ氷

IMG_4605.jpeg 梅雨の晴れ間に宇都宮にある、大谷石の地下採掘場跡である「大谷資料館(おおやしりょうかん)」を母と訪れた。

 母に以前、ブロともの「カメラを持って散策」のyamashiro94さんの写真を見せたら、この目で見てみたいと言っていたのだ。

 yamashiro94さんは、「カメラを持って散策」というだけあって、写真がとてもお上手だ。

 その迫力ある写真を見て、行きたくなったのだろうが、まさか、心臓の手術前のタイミングに「行きたい」と言い出すとは。

 大谷石の地下採掘場跡は、一般の人々の目に触れたことがなく、「未知なる巨大空間」と呼ばれていた。

 その広さは、2万平方メートル、深さは平均30メートルもあり、最深部分は地下60メートルにもおよぶ。これは野球場がひとつすっぽりと入ってしまう大きさだ。

 巨大な地下神殿のような景観で、エジプトのピラミッドの内部や、『インディー・ジョーンズ』の世界観のような幻想的な空間が広がる(大谷資料館のパンフより)。

IMG_4175のコピー
IMG_4179.jpeg 昨夜は午前1時に就寝、今朝は6時に起床。7時28分、池袋発の宇都宮線直通の湘南新宿ラインに乗る。

IMG_4196.jpeg 9時14分、乗り換えなしで、宇都宮駅に到着。乗車時間は、1時間49分。

IMG_4205.jpeg 朝からお楽しみが待っていた。宇都宮駅ビル パセオ2階 とちぎグランマルシェ とちびよりで、買いたい物があった。

IMG_4208 (1) 日光名物の「補陀洛(ふだらく)のゆばむすび」だ。ふっくらと炊き上げた、味付けおこわを“半生のゆば”で包んだもの。2個入り、450円也。

 ブロともの「*大人乙女の日常*~ときどき温泉~」のumiさんが以前、ブログで紹介していた。

 宇都宮駅では、一日限定30個。8時から営業しているので、とちびよりという店に列車の中から電話して、予約していたのだ。

IMG_4216.jpeg 那須トラピストガレットも購入した。厳律シトー会 那須の聖母修道院で、昔と変わらぬ製法でもって、50年前から作られている菓子だ。2個入り4袋で、400円也。

 原材料は、国産小麦粉、グラニュー糖、卵、バター、マーガリン。添加物を一切使用せず、見た目はワッフル、食感はサクサクとしたガレットだ。

IMG_4226.jpeg 10時35分、宇都宮駅西口6番乗り場から「大谷・立岩」行きの関東バスに乗る。

 ゆばむすびをバスの後部座席で食べる。今日の朝食だ。

IMG_4232.jpeg
IMG_4237.jpeg 旨い! 薄味の天然出汁で炊き上げた、もっちりとしたおこわに、半生のゆばが合う。

 薄味なのがいいのだ。ゆばの味が生きる。箸休めの、しっかりと味の付いた大根のたくわんをかじりながら食べると、なお旨い。

 大谷資料館までは、30分だ。「資料館入口」で下車し、徒歩5分。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -