FC2ブログ

記事一覧

(5)弘前市のねぷた祭り〜青森の男友達を訪ねて〜

IMG_1809(トリ) 弘前市のねぷた祭りを見に行って来ました。写真は、弘前市のマスコットキャラクターのたか丸くん。

IMG_1813.jpg 扇形が特徴の弘前市のねぷた。ちなみに青森市がねぶたで、弘前市はねぷたらしいです。「ぷ」と「ぶ」なんて、紛らわしいですね。

IMG_1844.jpg 弘前ねぷたでも、人型のもあります。

IMG_1877.jpg 女の子たちの太鼓、イキだねぇ。

五所川原のねぶた 三日目。五所川原(ごしょがわら)に立佞武多(たちねぷた)が展示してありました。小さく人が写り込んでいますが、人の大きさに比べると相当デカかったです。

 弘前ねぷた、青森ねぶた、五所川原の立佞武多、黒石ねぷたがあるみたい。

IMG_1929.jpg 津軽鉄道の走れメロス号。ストーブ車両があります。真夏にも走っているとか。

IMG_1942.jpg 太宰治の生家の斜陽館(しゃようかん)。青森銀行記念館、旧弘前図書館と共に堀江佐吉という大工さんの棟梁が建てたもの。

IMG_1954.jpg 太宰誕生の部屋。ここから、陰鬱(いんうつ)な人生が始まるとは、誰が予想し得たでしょう。

IMG_1960(トリ) 仏壇。さすがに地元の名士だけあって、絢爛豪華(けんらんごうか)です。

IMG_1980.jpg 太宰のお母さんの部屋。右から三番目の襖(ふすま)に「斜陽」の文字があります。太宰は、子供の頃から「斜陽」の文字を見ていたんですね。

 斜陽館では、昔の書生さんの黒いマントの格好をして、二人で記念写真を撮りました。黒いマントって、結構重いんですね。

IMG_2027.jpg 太宰の『津軽』の初版本を模した箱に入っているのが、林檎ファイバー入りクッキー。その上に乗っているのが、太宰の顔の焼き印を押した太宰饅頭。母へのお土産です。

IMG_2038.jpg 五所川原の亀乃家で、天中華という、ラーメンの上にかき揚げが乗っている、珍しいものをいただきました。

 男友達がぜひ食べて行って欲しいと言っていたもの。さすがにグルメ、おいしかったです。

 今回の旅では、写真にはありませんが、居酒屋さんで、大学時代の、いまは教師をやっている女友達に数年振り会えたり、おいしいものを食べたりと、楽しい旅でした。

 男友達には、お礼に膨大な数の写真の中から、例のダブルベッドの写真だけを抜いて、アルバムを作り、送って上げました(笑)。喜んでくれたかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -