FC2ブログ

記事一覧

スイーツ編(4)〜お気に入りの写真〜

●IMG_0613 恵比寿ガーデンプレイスにあるウェスティンホテル東京。私の誕生日に母におねだりして、ディナービュッフェに連れて行ってもらった時のデザートです。

 昼間のスイーツビュッフェも定評のあるウェスティン。目移りするほど、おいしそうなものが並んでいました。

●IMG_9561 池袋のマルイに入っている、ア・ラ・カンパーニュに、ひとりでカフェラテを飲みに行きました。ア・ラ・カンパーニュは神戸が本店です。飲んだカフェラテは、メープルココナッツラテ。

●IMG_0418 ポスターと少し違いますが(笑)、ほんのり甘いメープルシロップの甘さがおいしかったです。

●A.K Labo 美魔女と三鷹にあるA.K Labo(エーケーラボ)というケーキ屋さんに行きました。その時に食べたミルフィーユ。店内は白を基調とした素敵なお店で、ケーキもおいしかったです。

●aklabo1のコピー A.K Laboで、もう一ついただいたのが、甘酸っぱいフランボワーズのタルト。焼いたメレンゲが目にもおいしいものでした。

●IMG_1124 台湾が本店のタピオカミルク発祥の店の春水堂(チュンスイタン)。その表参道店に病み上がりで行きました。

 食べたものは、タピオカフルーツ豆花(とうふぁ)。豆花とは、豆乳ゼリーのようなもので、フルフルとした食感がたまりません。

 春水堂は、お店の設え(しつらえ)も、アジアンテイストで素敵で、デザートだけではなく、麻辣担々まぜ麺や牛肉麺など、フードメニューも充実しています。

●IMG_1284 いまや大人気の吉祥寺のアテスウェイ。食べログの評価が3.96もあり、東京女子大の前にあります。長い行列を覚悟しないと、ケーキが買えないほど。

 買って帰ってきたものは、ユニークなフォルムが目を引くモンブラン(左)とガトーフレーズ(右・ショートケーキ)。

 モンブランの土台は、アーモンドのメレンゲ。香り高い和栗の上に乳脂肪47%のホイップクリームを絞り、洋栗のクリームで覆いました。

 和栗と洋栗を混ぜ合わせたりせず、別々に味わえるようにしているケーキ。一目見て、「アテスウェイのモンブラン」とわかるようにそびえ立つようなフォルムにしているとか。

 9月中旬〜5月中旬までの限定販売。お友達に教えてあげたら、やさしいダンナさんが買ってきてくれたそうで、喜ばれました。

 ガトーフレーズは、厳選した苺、乳脂肪分45%のコクのある生クリーム、ハチミツ入りのジェノワーズ(全卵を卵白と卵黄に分けないで、そのまま泡立てる、共立てで作ったスポンジケーキ)で出来ています。

 生クリームのミルキー感と苺の甘さの一体感が味わえるケーキ。カットした断面から丸ごとの苺を敷き詰めた様子が見えるケーキです。マスクメロン、桃、ラ・フランスなど季節によってフルーツが変わります。こちらも、モンブランに負けずにおいしかったです。

●IMG_1634 鎌倉の長谷にあるカンノンコーヒーカマクラ。

●IMG_1635 おいしそうなものがいろいろある、メニュー。

●IMG_1644 大仏ビスケット付きクレープが大人気です。あんずと和梨のクレープを食べました。

 具は、あんず、和梨、ヨーグルト、アーモンド、生クリーム、アプリコットソース、玄米フレークが入っていました。

 皮がしっとりしているのですが、食べると、全体がミックスされて、とてもおいしいです。

●IMG_0974 セブンイレブンの北海道牛乳使用のみかんの牛乳寒天。自分で作れば安いのですが、ついつい買っちゃいます。さっぱりしていて、おいしいです。

●IMG_1321 いまは、日本から撤退したマキシム・ド・パリのケーキ。池袋東武に入っていた時にクリスマスに食べました。

 左は、甘酸っぱいフランボワーズのケーキ、右はサンク・ショコラ。写真では、上手く色が出なかったのですが、チョコレートでコーティングされたサンク・ショコラは、美しい紫色の光沢がありました。お味は、チョコレートのお味が濃厚でした。

 いま話題となっているのが、マキシム・ド・パリの伝説のスイーツ「苺のミルフィーユ」が『THE GRAND GINZA(ザ・グラン 銀座)』(GINZA SIX内)で販売が始まったこと。

 たっぷりの苺を、コアントローの香りが漂う上品なカスタードクリームと共に、サクサクのパイ生地でサンド。

 周りはクリームと香ばしいスライスしたアーモンドで覆い、トップにはジューシーな苺を2列に並べた贅沢なケーキです。一度食べてみたいな。

●IMG_1335 女友達と吉祥寺にあったローズベーカリーで食べたクレミア(ソフトクリーム)。

 羽田空港店限定だった、ナッツプラリンヌ味が食べられるようになっていました。クレミアにキャラメルを絡めたヘーゼルナッツ、くるみ、アーモンド、ピスタチオを振ったもので、ラングドシャでできたコーンも、おいしかったです。

 お客さんが入っていたのに、なんで閉店しちゃったのかな。残念でならない!

●IMG_8262 母と叔母と一緒に神戸から飛鳥IIに乗った時に、パームコートで食べたプチケーキ。

 雨で楽しみにしていたセイルアウェイ・パーティー(出港式)が中止になったのは残念でした。

 この叔母、雨女なんです。それも強力な(笑)。雨でしたが、17時に定刻通りに横浜に向けて、出港しました。

●ココマングー アテスウェイに二度目に行った時に買ったケーキ。一つ目はココマングー。ココナッツムースとマンゴージュレ、パッションフルーツのクリームが層になっていました。

●ヌガーフリュイデボア もう一つのケーキは、ヌガー・フリュイ・デ・ボア。ピスタチオのクリームをホワイトチョコレートでコーティングして、中にベリーのジュレが入っていました。ピスタチオが濃厚でした。

●パブロフ ケーキ GINZA SIXに入っているパブロフのケーキ。とてもお高いので買えないので、パンフレットを写しました(笑)。

 ローズというケーキが目を引きます。天然のバラとエッセンスを使用し、ベリーの甘みがアクセントになっているそう。とてもきれいで、とてもおいしそう。

●IMG_0051 雑誌に載っていた、星野リゾートで提供される、エディブルフラワーと苺のケーキ。どこの星野リゾートかは忘れてしまいましたが、素敵ですよね。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -