FC2ブログ

記事一覧

(11)映画『プリティ・イン・ピンク』 

IMG_0642.jpeg
IMG_0786.jpeg お気に入りの映画11本目は、『プリティ・イン・ピンク』。80年代に一世を風靡したアイドル、モリー・リングウォルド(『素敵な片想い』『ブレックファスト・クラブ』)とアンドリュー・マッカシー(『セント・エルモス・ファイヤー』)の演技が高い評価を受けたラブ・ストーリー。

 脚本を手掛けたのは、ジョン・ヒューズ(『フェリスはある朝突然に』などの青春映画を得意とする)。

 モリーは、下町から通う女子高校生。アンドリューは彼女の憧れる富豪の御曹司。彼女は彼からプロム(卒業式のフォーマルなダンスパーティー)に誘われますが、二人が愛し合うにつれ、階級という厳しい現実に押し潰されそうになります。

 ハッピーエンドの甘く切ないストーリーと、大ヒットとなったサントラ。共演は、ハリー・ディーン・スタントン、ジョン・クライヤー、ジェームズ・アニー・ボッツ。

 サントラも、大好き。スミス、ザ・サイケデリック・ファーズ、ニュー・オーダー、スザンヌ・ベガ、INXSなど、9人のアーティストが参加。渋いサントラに仕上がっています。このサントラも、よく聞きました。

 モリーの古着ファッションに憧れ、プロムに着ていくドレスをアルバイト先のレコード店の店長からもらったドレスをリメイクして、素敵なピンクのドレスに仕立て上げます。

 共演のジョン・クライヤーも大好き。幼なじみのモリーに人知れず、恋をしていますが、言い出せず、アンドリューが恋人となることを容認します。

 青春時代には、ジョン・ヒューズ監督の青春映画をたくさん見ました。思春期の甘く切ない思い出がいっぱいに詰まった映画です。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -