FC2ブログ

記事一覧

スイーツ編(1)〜お気に入りの写真〜

●IMG_0841 のコピー 表参道のキルフェボンで買ったタルト。手前から、チェリーのタルト、マンゴーのタルト、白桃のタルトです。

 母の誕生日に買ったのですが、母と二人暮らしなので、ケーキは二つでよかったのですが、選びきれずに三つ買っちゃいました。

●IMG_0031 キルフェボンの東京スカイツリータウン・ソラマチ店のショーケースです。

 左は季節のフルーツタルト〜秋バージョン〜。右はブルーベリータルトです。スカイツリーの形をした、青いピックが刺さってます。

 チョコレート製に見えますが、プラスチックです。食べられないので、お間違えのないように。

●IMG_0087のコピー 鎌倉から江ノ電で、三つ目の長谷にある、カンノンコーヒーカマクラ。

●鎌倉紫陽花17 カンノンコーヒーカマクラのメニュー。

●image1 大仏ビスケット付きクレープが名物です。写真は、はちみつレモン味です。800円也。

 Hanakoの表紙になり、食べたくて、お店を訪れました。大仏ビスケットはシナモンの風味がします。

 皮がしっとりしています。具は、 蜂蜜、リンゴ、レモン、生クリーム、サワークリーム、ドライクランベリー、玄米フレークが入っていました。

 全体が一つになって、おいしい。見た目がかわいいだけじゃないんです。コーヒーキャラメルとバナナのクレープもありました。

●IMG_0080 こちらも、大仏ビスケット付きクレープ。母に食べさせたくて、お店に連れてきました。

 カンノンコーヒーカマクラは、三回訪れています。冬の金柑(きんかん)MIXとキャラメルヘーゼルナッツのクレープを食べました。

 具は、金柑とオレンジのコンポート(砂糖煮)、キャラメルヘーゼルナッツソース、アーモンドプラリネ(アーモンドをローストし、カラメルと混ぜ合わせて、挽いたもの。カリカリしてアクセントになっていました)、ホイップクリーム、玄米フレークが入っていました。

 いちごとティラミスショコラ味もありました。毎回違った味が楽しめます。どれも当たりでした。

 写真はないのですが、あんずと和梨のクレープも食べました。具は、あんず、和梨、ヨーグルト、アーモンド、生クリーム、アプリコットソース、玄米フレークが入っていました。渋皮栗とカシスのクレープもありました。

●5 築地にある、さのきやのマグロ焼き。

●さのきやのまぐろ焼き「本マグロ」は、皮がパリパリしていて、十勝産の小倉餡(あん)入り。

●IMG_8851 のコピー2「中トロ」は、皮がモチモチしていて、小倉餡に杏が入っています。まだ、築地にあるのかなぁ。

●IMG_0555 早稲田と江戸川橋の間にある、レリーサのクッキー。素材は、オーガニック(有機農産物)や国産の安心できるものだけを厳選して、使用しています。

 添加物や保存料は一切加えず、素材のチカラだけで、焼き上げています。うさぎの形をしたのは、アーモンドのクッキー(一番左)。

 イタリアのシチリア産のオーガニックのアーモンドを、使う分だけ砕いて、クッキー生地に混ぜ込んでいます。

 丸いのは、純良バターのクッキー(真ん中)。北海道の町村牧場の純良バターと卵の黄身だけで作った、リッチなクッキーです。

 長方形のは、黒胡椒のクッキー(一番右)。挽き立てのスパイシーな胡椒がピリッと効いた、塩味のクッキーです。お酒のおつまみにも、よく合います。

 クッキーは、口の中でモチャモチャするので、好きではないのですが、レリーサのクッキーは、サクサクしているので好きです。

●IMG_0727 閉店してしまった、阿佐ヶ谷のNewtonの林檎 (ニュートンのりんご)の、りんごのシブーストとモンブラン。古い家の陽光の入る、窓辺で撮ったので、おいしそうに撮れました。

●IMG_0731 はらロールのプレーン味。神戸に古くからある「はら豆腐店」の豆乳をふんだんに使用した、ロールケーキです。

 やさしい甘さのクリームは、豆乳にアカシア蜂蜜と練乳を加えたことで生まれるそう。
 
 クリームを包むスポンジは、小麦粉を使わずに国産米粉を使い、もっちりとした食感に仕上げています。いちごミルク、抹茶、ティラミスなど、いろいろな種類があります。

●IMG_0853 自分でオーブンで焼いた、ケーク・サレ。具は、まいたけとベーコンとパルメザンチーズをたっぷり。

 オーブンでは、子供の頃、母にいろんなものを焼いてもらいました。父と母が自宅でやっていた薬屋を閉めて、みんなで夕飯を食べた後、寝る前にドライフルーツを入れたパウンドケーキをよく焼いてましたっけ。

 ベッドで寝ていると、台所からバニラエッセンスの香りが漂ってきて、「あぁ、今夜も焼いてるんだな。明日食べられるんだな」とうれしかったものです。

 誕生日ケーキのスポンジやベイクドチーズケーキもよく焼いてくれました。お店、舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の世話、家庭の切り盛りをこなし、ケーキまで焼いてくれたのですから、いま思えばありがたいことです。

●IMG_1155 目白にあった、キッシュとケーク・サレのお店・キシュキシュ。写真は、「白もこ」という名前のついた、レアチーズタルトです。

 白くて、もこもこしたクリームチーズがかわいいのですが、その下にスライスしたバナナとブルーベリーソース、アーモンド生地が重なっている、手の込んだタルトです。

 クリームチーズとバナナの相性がよく、母とおやつに半分こにして食べました。キシュキシュは閉店し、いまはありません。

●IMG_0863のコピー
●IMG_0533のコピー 池袋東武のレストラン街にある、ロータスパレス(ベトナム料理店)のタック・フォー・マイ。600円也。

 ちょっぴり甘いゼリーにチーズが入っているものなんですが、これが不思議なおいしさがあります。

 お店のベトナム人のお姉さんに「何を固めたものなんですか?」と聞いたところ、「ジェラチン(ゼラチン)」という答えが返ってきたのですが、単にゼラチンを固めたにしては、ゼリーが固いんですよね。

 何かの果汁を固めたものでもなさそうだし……ベトナムの不思議スイーツです。

●IMG_1126のコピー 同じく、ロータスパレスのチェー・クック・バック。モチモチしたミルク寒天に甘酸っぱいライチを合わせ、シロップをかけて、アーモンドスライスを散らしたものです。これ、すごくおいしいです。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -