FC2ブログ

記事一覧

母の趣味の塗り絵

IMG_3490.jpg 母は、両眼とも、緑内障で上半分が見えません。右眼は網膜静脈分枝閉塞症(もうまくじょうみゃくぶんしへいそくしょう)で、左眼は網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)でさらに悪く、ほとんど失明状態です。

 普通の人の四分の一しか見えてないことになります。ガチャ目なので、遠近感がつかめず、物を見るのが困難です。

 それなのに母は塗り絵に夢中。天眼鏡を持って、夜中の2時頃までやってます。これは、『大人の塗り絵 美人画編』(河出書房新社)。河出書房新社は、素敵な塗り絵の本をたくさん出しています。

IMG_3475.jpg 作品は、こんな細密な日本画。すごいですよね。タイトルは「恋心」。この塗り絵の本は、父を日本画の師匠にし、オーストラリアで暮らす、女流画家・森田春代さんのものです。

IMG_3483.jpg これも素敵。タイトルは「想い」。塗るの大変だろうな。

IMG_3498.jpg これは、『昭和のファッション おしゃれぬり絵』(太郎次郎社エディタス)の本。終戦直後のアメリカン・スタイルからサックドレス(寸胴でウエストにくびれがない服)、ミニスカート、そしてDCブランドの塗り絵まであります。

IMG_3464.jpg ティアラをして、ネックレスをした美智子さまのローブデコルテ姿と、毛皮のショールとワンピースを着た塗り絵です。母のお気に入り。

IMG_3494.jpg これは、『大人の塗り絵 猫のダヤンと不思議な国編』(河出書房新社)の本。

IMG_3472.jpg 猫のダヤンがかわいい。塗り絵は、リラックスタイムや脳の活性化にいいとか。いつまでも、ボケないでね(笑)。

 こんなにきれいに塗れるのも、ドレスメーカー女学院(ドレメ)に通っていたおかげ。色使いの基礎を学んだせいです。

 新型コロナウイルスの影響で、楽しみにしている塗り絵教室が開けません。よくできた作品をお仲間に見て欲しいだろうに。早く収束してほしいものです。

 ここへ来て、東京オリンピック・パラリンピックを延期するという話が出てますね。ぜひ、そうして欲しい。開会式と椎名林檎の演出のものが見たいです。きっと素敵な日本をお披露目してくれるでしょう。

 あっそうそう。お隣さんが日本語が堪能で、素敵な中国のご夫婦なのですが、マスクを無料でいただきました。内モンゴル出身の奥さんから。なんでも、勤めている会社でマスクが買えるみたいです。

 旦那様は、山東省の方だそう。15歳で広島に留学しました。いま、ちょうど30歳。15年間も、日本にいることになります。雅美(はるみ)ちゃんという、中国語より日本語が上手い保育園児がいて、かわいいです。

 マスクのお礼に黒糖のお麩とおいしい抹茶のチョコレートをあげました。

 ときどき、おばあちゃまがいるんですが、お料理が上手みたいです。家の換気扇からいい匂いがします。日本にはない調味料を使っている模様。

IMG_1706.jpeg 一つだけ、匂いから推測して作りました。五香粉(ごこうふん)とオイスターソースとお醤油で、牛肉とパプリカを炒めるというお料理。スパイシーで、おいしいですよ(笑)。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -