FC2ブログ

記事一覧

(4)雨女 対 晴れ女!? 飛鳥Ⅱ 神戸旅

IMG_8234 のコピー 写真は、モザイクから見た飛鳥Ⅱとその後ろに建つ神戸メリケンパークオリエンタルホテルです。

 ようやく飛鳥Ⅱが着岸したようです。ホテルは客室数が319室、対して飛鳥Ⅱの客室は296室ですが、飛鳥Ⅱのほうがずいぶん大きく見えますよね。

IMG_8255 のコピー 昼食を済ませると、海沿いを10分ほど歩き、対岸のホテルまで戻ってきました。いよいよ、飛鳥Ⅱに乗船です。

 写真は、私が泊まったFステートという部屋。以前に泊まったことがあり、母と叔母がこれから泊まるEバルコニーという部屋にはバルコニーが付いていますが、Fステートはバルコニーなしです。

 Fステートは思ったより息苦しくなく、快適に船旅が過ごせそうでした。なりより、左舷側の部屋に当たったので、窓からモザイクの観覧車が見えたのがよかったです。

IMG_8263 のコピー 雨は依然として降ったり止んだりでした。

 生バンドの演奏で出航を盛り上げる、楽しみにしていたセイルアウェイ・パーティー(出港式)が雨のために取りやめになったのが残念ですが、17時に定刻通り、横浜に向けて出航しました。

 写真は、船内のパームコートで食べたチョコレートとオリーブです。プチケーキも3ついただいたのですが、おいしかったです。

 母と私はお酒が飲めないのですが、叔母は無料でふるまわれたシャンパンをご満悦で飲んでいました。

IMG_8273 のコピー 写真は、飛鳥Ⅱから遠ざかるホテルを写したものです。あいにくの天気で見送りの人は少なかったですが、それでも手を振ってくれる人がいたので、うれしかったです。

IMG_8278 のコピー 写真は、母と私がショーの会場であるギャラクシーラウンジでいただいたノンアールコールカクテルです。

 夕食は19時45分からなので、食事の前にゆっくりショーを観劇しました。前回飛鳥Ⅱに乗船したときは時間配分を誤り、見れなかったものです。

 ショーは、リズム・オブ・ライフという外国の俳優さんがたくさん出るダンスショーでした。45分間、歌い踊る迫力のショーに母も叔母も私も大満足でした。

 ショーの後は、ザ・ビストロでシャインルージュという、ハイビスカスを使ったハーブティーを飲んだり、お土産を買ったりしました。

IMG_8288のコピー 写真は、アミューズの桜島海老のカクテル。

IMG_8292 のコピー アペタイザーは、燻製にした美雪マスのマリネです。マスがねっとりとしておしかったです。

 夕食ではほかにも、ビーツのポタージュ、真鯛のグリル 春キャベツのソース、黒毛和牛サーロインローストなどをいただきました。

IMG_8300 のコピー 食事が終わり、デザートを待っていると事件(?)が起きました。隣に座っていた50代くらいのカップルの男性のほうが、ボーイさんを呼び止めたのです。

「彼女、今日、誕生日だから」とひと言言うと、ボーイさんは「おめでとうございます。かしこまりました」と言って、何やら準備をしに席を離れました。

 それを見ていた女性のほうが慌てています。「あたし、誕生日じゃないわよ、やだぁもう」と恥ずかしそうです。男性は「いいじゃないか、ばれるわけでなし」とどこ吹く風といったご様子。

 何が始まるのかと興味津々で事の成り行きを見ていたのですが、しばらくするとボーイさんがホールのケーキを持ってきて、それを追いかけるようにギターを持ったバンドの一団が隣の席をぐるりと取り囲みました。

「♪Happy birthday to you、Happy birthday to you〜」とバンドの演奏が始まり、周囲の人も手拍子をしています。女性はますます恥ずかしそうに小さくなってしまいました。

 隣に座った叔母に事の顛末を小さく耳打ちすると、叔母は目を見開いて、笑っています。向かいに座った母にも伝えたかったのですが、お隣のカップルに聞こえそうなので止めました。

 結局、ホールのケーキは切り分けられ、近隣のテーブルに座っているお客さんに配られたのでした。

 写真は、配られたケーキではありませんが、デザートとして出た、マスカルポーネと珈琲のムース チョコレートアイス添えです。

 母や叔母が察知したところによると、あのカップルは夫婦ではなく、お忍びのカップルではないかとのこと。

「だって、女性に対して男性がやさしすぎるもの」とは母の談。言われて見れば、お隣のカップルにはベテランの夫婦にはない華やいだ雰囲気が漂っているのでした。

IMG_8308 のコピー 夕食後は、パームコートでバントの生演奏を聴いたり、カジノを覗いたりしました。

 クラブ2100は、普段は飛鳥Ⅱが美男美女のダンスパートナーを用意して、社交ダンスができるようになっているのですが、今回はディスコタイムになっていました。

 叔母と私は見る専門でしたが、母はあやしいピンクの照明の下、なつかしのディスコナンバーに合わせ、見よう見まねでダンスを踊っていました。

 ディスコタイムを楽しんだ後は、母と叔母、私で二手に分かれ、部屋に戻りました。もう11時過ぎです。私は明日の予定を確認して早々に休みましたが、母と叔母はそれからも一騒動あったようです。

 お風呂に入るためにお湯を出そうとしたようですが、どのようにすればお湯が出るかわからず、二人であちこち触っているうちにお湯が噴き出し、二人してびしょ濡れになったそうです。

 お風呂に入った後も、二人で夜中の二時半まで話していたというのですから、よほど楽しかったのでしょうね。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -