FC2ブログ

記事一覧

【長谷・鎌倉】長谷寺で初詣と鏑木清方記念美術館

IMG_1546のコピー 鎌倉の長谷寺に初詣に来ました。新宿の花園神社に続いて、二ヵ所目の初詣です。

 その前に3度も行ってる定食屋しゃもじで、お昼ご飯。2時半ラストオーダー、次は5時からの営業なので、滑り込みセーフでした。

IMG_1563.jpeg 母も私も、三崎マグロの漬け丼。卵黄をまぶして食べると、まいうー! 今日は、生しらすの入荷はありませんでした。あれば、200円でトッピングできたんですがね。残念!

IMG_1573.jpeg 母が鮭を食べたいと言ったので、焼いてもらいました。母も私も、鮭の皮好き。短い皮を母と半分こにしました。みみっちいですが、おいしい(笑)。

 戦国武将・前田利家(まえだ・としいえ)が「皮の厚さが1尺(30センチ)ある鮭なら、百万石と取り替えてもいい」「畳一畳の鮭の皮なら、この城と交換してやる」「鮭の皮なら一里(3.9キロメートル)でも食べられる」と言ったとか、言わないとか。

 時代劇「水戸黄門」で有名な徳川光圀(とくがわ・みつくに)も、「鮭の皮の厚みが一寸(3センチ)あればいいのに」と言っていたそう。みんな好きなんですね。

IMG_1587.jpeg いよいよ、長谷寺。紅葉、紫陽花、茅ヶ崎の帰りに行ったことがあるので、3回目の訪問です。

IMG_1594.jpeg 観音堂。本尊の十一面観世音菩薩像が安置されています。

IMG_1779.jpg 高さ9.18メートルを誇る日本最大級の木彫仏。撮影がNGなので、絵ハガキでご覧になってください。本物を見ると、黄金色に後光が光り、まるでCGを見ているかのよう。

IMG_1599のコピー 相模湾に面している見晴台。初日の出が見られる場所です。遠くに由比ヶ浜、逗子マリーナ、葉山、裕次郎灯台、三浦半島などが見えます。

IMG_1605.jpeg 境内から山門を見たところ。長谷寺は、四季を通じて花が絶えることのない「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ばれます。

IMG_1610.jpeg 弁天堂・弁天窟。腰をかがめないと通れないような洞窟に弁財天が安置されていました。

IMG_1634.jpeg 長谷寺から2分のカンノンコーヒー カマクラ。定食屋しゃもじからも2分ほどです。大仏ビスケット付きクレープが人気。

IMG_1635のコピー メニュー。ほうじ茶黒蜜ラテ、黒ごまきな粉ソイラテもおいしそう。

IMG_1643のコピー でも、冬の金柑(きんかん)MIXとキャラメルヘーゼルナッツのクレープにしました。

 訪れるのは3回目ですが、毎回違った味が楽しめます。どれも当たり。今回は、いちごとティラミスショコラもありました。

 前回は、あんずと和梨のクレープ、前々回は、はちみつレモン味でした(Hanakoの表紙にもなりました)。

 金柑のコンポート(砂糖煮)、オレンジのコンポート、キャラメルヘーゼルナッツソース、アーモンドプラリネ(アーモンドをローストし、カラメルと混ぜ合わせて、挽いたもの。カリカリしてアクセントになっていました)、ホイップクリーム、玄米フレーク入り。

 皮も、しっとりとしているのですが、全部が一体となって、おいしい。

 大仏ビスケットはシナモン味。よく見ると、包んである紙に江ノ電が描かれてありますね。カンノンコーヒー カマクラのある長谷は、鎌倉から江ノ電で三つ目の駅です。

 母は最初は食べないと言っていたのですが、結局食べました。おいしかったようです。

IMG_1652.jpeg 鎌倉の鏑木清方(かぶらき・きよかた)記念美術館にやってきました。入館料200円の小さな小さな美術館です。鏑木清方の終焉(しゅうえん)の地、鎌倉・雪ノ下の旧居跡に建てられたもの。

 鎌倉駅から小町通りを通り、徒歩7分ほど。企画展「清方、新春を寿く(ことほぐ)」を見てきました。

 行く途中、クレープ屋さんの前を通りかかったのですが、母の中学・高校時代のクラスメイトとばったり。店のオーナーです。美術館が閉まってしまうので、近況を短く語り、別れました。

 鏑木清方の父は、東京初の日刊紙『東京日日新聞』を発刊したジャーナリスト・条野採菊(じょうの・さいぎく)だということを美術館に行って初めて知りました。

IMG_1675.jpg 夜の小町通り。夜になっても、賑わいを見せています。お汁粉に小さな鯛焼きを乗せたものを売っていました。

 食べたかったのですが、クレープを食べたことを思い出し、あきらめました。甘いものからしょっぱいもの(葉山牛の握りなど)まで、本当においしそうな食べ物屋さんがたくさんありました。

IMG_1730のコピー 鏑木清方記念美術館のチケット。描かれている絵のタイトルは、朝涼(あさすず)。1925年に描かれたものです。

IMG_1744.jpeg 母が年賀状の代わりに出すと言った、寒中見舞い用のポストカード。長谷寺の和み地蔵(なごみじぞう)を描いたもの。母は字が苦手なので、私が書くことになりそう。

鎌倉紫陽花14のコピー 和み地蔵の実物。かわいい。

IMG_1784.jpg 長谷寺は、開運グッズがたくさんあるのですが、母は健康守りを買いました。母のお友達の分も。桜を描いたぽっくり(丸い下駄)になっています。「いつまでも美しく、健康でありますように」。本当にそうですね。

IMG_1795.jpg これも長谷寺で買った干支のねずみの飾り。今年も、よろチューく、お願いいたします!
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -