FC2ブログ

記事一覧

(7)北茨城・豪華ふぐ&あんこう大名旅行(三日目中編)

IMG_0171.jpeg 人に道を聞きながら、20分かけて、磯原駅まで来ました。

IMG_0175.jpeg 
IMG_0180.jpeg 隣の大津港駅まで常磐線に乗り、そこからタクシーで、茨城県天心記念五浦美術館まで行きました。タクシーで5分、歩きだと、45分もかかります。

IMG_0184.jpg お金をかけた素敵な美術館でした。

IMG_0189.jpeg 体験プログラム「日本画ってなぁに? みて・さわって・かいてみよう」をやっていました。面白そうなので、体験してきました。

IMG_0202.jpeg 下書きの書かれた紙を金彩(きんだみ)で塗り込んでいくのですが、これが難しいこと、難しいこと。

IMG_0207.jpeg これが金彩の絵の具。金がすぐに沈殿してしうので、よくかき混ぜないといけません。

IMG_0210のコピー 最後に自分の名前の頭文字の落款(らっかん)を押して、完成(左がお手本、右が私)。

IMG_0245.jpeg 左眼を失明し、右眼も上半分が見えない母は格闘中。左眼が見えないので、遠近感がつかめないそう。

 天眼鏡片手にがんばってました。ぬりえ教室に通うほどの人なので、こういった細かな作業は好きなようです。

IMG_0252.jpeg 美術館の中のカフェテリア・カメリア。

IMG_0275.jpeg あまりお腹が空いていない母は、六角堂の月夜と名付けられたクリームあんみつを食べました。720円。クリームあんみつは母の好物。

IMG_0273.jpeg 私は広島産カキフライ(ライス付)、1150円にしました。

 衣はサクサク、カキはジューシー、美術館の中のカフェテリアで、こんな本格的なカキフライが食べられるとは思っていませんでした。

IMG_0282.jpg 写真は、大津港駅まで向かう、タクシーから撮ったニツ島(ふたつしま)。磯原海岸沖合にある無人島(岩礁)です。

 夏季に多くの海水浴客で賑わいを見せる、磯原海岸の沖合に大小2つの島が海中からそびえ立つ姿が特徴で、茨城百景にも選定されており、北茨城市のランドマーク的な存在となっていました。

 しかし、3.11の津波により、残念ながら、ひとつの島は消滅しましました。

 磯原海岸は夕日の名勝なのですが、海に沈むのは、夏場だけで、冬場は山に日が沈みます。残念。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -