FC2ブログ

記事一覧

【山梨】桃の頂き物とぬいぐるみ

IMG_3880.jpeg 母の友人から桃の到来物(とうらいもの)です。山梨県の「夢しずく」という新品種だそう。今年は、雹(ひょう)の被害があったとのこと。樹の先端など、日当たりがよくて、いい桃が育つところほど雹に当たりやすかったようです。

「出荷されたのは、雹を乗り越え、選ばれて育ったものなので、言わばエリート。来し方に思いをはせながら味わってみてください」とチラシに書かれてありました。いただいてすぐに食べたのですが、ジューシーでおいしい桃でした。

 8月には栃木に頼んだ桃と千葉に頼んだ梨が届く予定。楽しみです。

IMG_4084.jpeg 今日はぬいぐるみを写してみました。名前はロビン。子供がいない代わりに大事にしているぬいぐるみです。

 友人には「Tちゃん、子供がいないからって、さびしいよー(涙)」と哀れまれているのですが、へっちゃらです。

 23歳の時に買ったので、ずいぶんヨレヨレですが、骨盤を開く椅子に逆に座らせると満足そうに笑っているみたいで、かわいいです。母にも笑っているように見えるそう。

 アラフィフにもなって、ぬいぐるみと一緒に寝ているなんて、変人みたいですが(笑)、子供の頃から40年以上そうしてきています。ベッドにはぬいぐるみの精鋭が11匹並んでいます。

IMG_0057.jpg 猫のモモをナデナデ。

IMG_0200.jpg 椅子に座って、どや顔。

 亡くなったときには、ぜひ、棺(ひつぎ)に入れてほしいものです。その頃には一人暮らしでしょうから、区役所の人に手紙を書いて、「一緒の棺に入れてください」と書いておこう。

 母方の祖父も亡くなったときに、私があげた猫と虎のぬいぐるみを一緒の棺に入れてあげたのですが、本人も喜んでいたことでしょう。

 晩年はボケてしまったのですが、よく猫のぬいぐるみに自分のペースト食をあげて、口の周りをベトベトにしていましたっけ(笑)。「今日は食べたか?」と聞くので、「食べたよ」というと安心していました。
 
 子や孫に恵まれ、幸せな一生だったことでしょう。私は一人で晩年を過ごさなければなりません。友人を大事にし、ロビンと一緒に楽しい晩年にしたいものです。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -