FC2ブログ

記事一覧

(8)日本最南端のリゾートホテル〜はいむるぶし〜(三日目後編)

IMG_0514-3のコピー 時間が余ったので、フロントで「2〜3時間でできることはありませんか?」と聞いたら、小浜島をバスで回る観光を勧められました。写真は、島内を回る地図です。母と私しか参加する人がおらず、貸し切りでした。

IMG_0461のコピー 最初は、ちゅらさんばし 旅ぬかろい(小浜島港)。漁港は別にあるのですが、人が往来するのは、ここが島で唯一の港です。

 私たちもこの港からはいむるぶしに来ました。ちゅらさんとは、沖縄の方言で「美しい」という意味。旅ぬかろいとは「旅の安全を祈ります」という意味です。

IMG_0466-1のコピー 小浜島は周囲16.6kmの本当に小さな島です。島民の数は705人(461世帯)。信号がなく、おまわりさんも一人だけ。本当にのどかな島です。
 
 写真は、島内の一本道、シュガーロード。以前はサトウキビが生えていたのですが、最近は牛の畜産に切り替わってきていて、牧草が植えられています。

IMG_0466-2のコピー 小浜島で唯一の小中学校。126年の歴史があります。高校はないので、子供たちは石垣島の高校に行き、寮生活をするそうです。

IMG_0466-3のコピー NHKの朝の連ドラ「ちゅらさん」で、主人公のエリーの生家として撮影に使われた家を見に行きました。「ちゅらさん」のスタッフは、撮影期間中、はいむるぶしに滞在していたそうです。NHKも待遇がいいですね(笑)。

IMG_0466-4のコピー 八重山瓦という瓦が使われているのですが、いまはもう作られなくなったので、国の登録有形文化財になっています。

 家は南向きに建てられ、家に入るときは、太陽が昇る東側から男性が入り、女性は西側から入るそうです。写真では見にくいのですが、屋根瓦にはシーサーがいます。

 シーサーのいる家は仏壇があるとのこと。現在は、こはぐら荘と呼ばれ、本土から来た農業をやっているご夫婦が住んでいるそうです。撮影に使われていた頃は島の村長さんの家でした。

IMG_0484のコピー 月桃(げっとう)、またの名をサンニンという花が咲いていました。葉っぱをもむと、いい香りがするので、この葉でお餅をくるんで蒸したものがムーチーです。最近では、月桃の香水もありますね。

IMG_0494のコピー 99mの大岳(うふだき)の展望台に上りました。そんなに長い階段ではないのですが、ひざの悪い母は登るのが大変そうです。

IMG_0495のコピー 頂上からの眺め。

IMG_0497のコピー 頂上には、休憩するポーチがありました。ポーチの向こうに見えるのが、沖縄で本土に次いで大きい西表島です。西表島の後ろにあって、見えないのが与那国島。天気がよければ、波照間島まで見えるそうです。

IMG_0499のコピー ちゅらさんの碑。

IMG_0502のコピー サトウキビ畑越しに見た石垣島。

IMG_0504のコピー 写真は嘉弥真島(かやまじま)だったかな。無人島です。いまでは、野ウサギの島として、有名になった島です。

IMG_0507のコピー 手に持っているのが、シークヮーサー(ヒラミレモン)の葉っぱ。もむと、シークヮーサーのいい香りがします。

 ノートは、はいむるぶしと小浜島のことを調べ上げ、旅の行程やメモなどがびっしり書かれてあるものです。フリーランスの記者なので、そのあたりのことはぬかりなくやります(笑)。

IMG_0512のコピー 写真は、細崎海岸(くばざきかいがん)。間近に西表島が見える、とても静かなビーチです。西表島の手前にあって見にくいのですが、小さな由布島(ゆふじま)もあります。竹富島で人気の水牛車が由布島でも乗れます。

 この日もアベックがひと組いただけでした。天気がよければ夕日が最高だそうです。

 写真にはないのですが、3.11で宮城県から3年半かけて、黒潮に乗って、小浜島にたどり着いたという船を見ました。船の識別番号で持ち主がわかったそうです。宮城県まで持って帰るのも大変なので、漁港に置いてありました。

 この日、バスで案内してくれたのは、15歳で東京に出て来て、以来40年、東京で仕事をしていたおじさんでした。

 リムジンバスの運転手などをやっていたので、東京の地理には詳しく、私の地元の池袋のこともよく知っていました。5年前に両親が亡くなり、小浜島に帰ってきたとのこと。いいおじさんでした。

IMG_0520のコピー 島内観光から戻ってきて、ロビーで休憩しました。レモン&ライムウォーターが置いてあり、紙コップでいただきました。さっぱりしていて、おいしかったです。

IMG_0526のコピー 展望露天風呂から帰ってきて、レンタルカートで走っているとき、水牛のいる池がありました。

IMG_0531のコピー この日の夕食は、東京から持って行ったチキンラーメンです。ディナーは高いので、贅沢ばかりはしてられません(笑)。

 ごちそうばかりが続いたので、チキンラーメンの素朴な味がおいしかったこと! スープまで飲み干してしまいました。家で食べるより、数倍おいしく感じました。かさばるのですが、胃にもやさしいし、東京から持って行って、正解でした。

 デザートは、ウィダーインゼリー。こちらも、おいしく感じました。この日は早めに寝ました。明日の天気予報がこれまたいいほうに変わり、お天気のようです。明日は6時少し前に起きて、プライベートビーチに朝日を見に行きます。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -