FC2ブログ

記事一覧

(3)旅は、シロエビで始まり、シロエビで終わる。

toyama13.jpg これって、何に見えます? そう、金箔(きんぱく)ソフトクリームです。

 兼六園(けんろくえん)の入口の近くにある、箔一(はくいち)さんという、お土産物屋さんの店先で売られていたものです。

 お値段はお店の名前にちなんで、891円。旅の最終日、母と私は金沢を訪れたのでした。

 東京に帰る新幹線の時間が気になり、兼六園は見学しなかったのですが、隣の金沢城公園は見てきました。やっぱり加賀百万石のお城。大きいですね。

 昼食は、金沢駅からタクシーで10分ほどの回転寿司「金沢まいもん寿司」で食べました。『マツコの知らない世界』の回転寿司編で紹介していたので、気になっていたお店です。

 たまプラーザや横浜にも支店がありますが、やはり本店で食べてみたいと伺ったのでした。

「白身の王様」といわれる、のどぐろや、七尾の朝どれ鯵(あじ)、かわはぎ、とびうお、まごち、がすえびなど、珍しいものをいただきました。写真を撮るのも忘れていたということは、夢中で食べていたんでしょうね。

toyama14.jpg 写真は、ますのすしを全国に広めた、駅弁屋・源(みなもと)のお弁当「源の旅めし 白えび天ぷら」です。

 帰りの北陸新幹線の中で食べようと、金沢駅で1100円で買ったもの。ひもを引いて、10分待つと熱々になる、加熱式容器に入っていました。

toyama15.jpg 富山湾の宝石・白えびの天ぷらと半熟卵の天ぷらが入っていて、卵を崩しながら、白えびにまぶして食べると、もうたまりません!

toyama19.jpg 写真は、新幹線の中から見た立山連峰。一日目に呉羽山公園展望台(くれはやまこうえんてんぼうだい)で、見られなかった分を取り戻すかのように拝むことができました。

 今回の旅は、富山駅で、白えび天丼定食を食べることで始まりましたが、終わりは駅弁になった、白えびの天ぷらをいただくことに。「旅は、シロエビではじまり、シロエビで終わる」。まさにそんな旅でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -