FC2ブログ

記事一覧

【山梨】忍野八海と天上山から富士の絶景を見る

oshino1.jpg 1月25日は快晴になりそうということで、3日前に高速バスを予約し、新宿のバスタ新宿から、2時間20分かけて、忍野八海へやってきました。

 忍野八海とは、富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で、約80年の歳月をかけてろ過され、湧水となって8ヵ所の池に湧き出てくるという場所。

 一番大きな出口池、最大の湧出量の湧池、逆さ富士が映る鏡池、御釜池、底抜池、銚子池、濁池、菖蒲池の8つがあります。

 じつは忍野八海は二度目。一度目は、2014年11月にはとバスで来たのですが、はとバスはある程度前もって予約しなければならないため、天気が読めず、当日、忍野八海から富士山が見えないという結果に。今日はリベンジの旅でもあります。

 写真は神秘的な青色が印象的な湧池です。今回は、忍野八海の中心から一番遠い出口池以外はすべて見て回りました。

oshino2.jpg 榛の木林資料館(はんのきばやし しりょうかん)の展望台からは、水車小屋や忍野最古の民家とともに富士山を鑑賞することができます。

たこ棒 忍野八海では、なぜか伊勢志摩名物のたこ棒を食べました。一本370円。忍野八海のなかにある池本茶屋というお土産物屋さんの入口付近に「磯揚げ まる天 忍野八海店」という店があり、そこで売られていたものです。

 大きなたこと紅生姜の入ったかまぼこのようなもので、おいしかったです。

oshino3.jpg 忍野八海を出た後は、路線バスで天井山にあるカチカチ山ロープウェイへ。写真は、ロープウェイから見た河口湖です。湖の全景が見渡せます。天上山は、昔話をテーマに太宰治が書いた名作「かちかち山」の舞台でもあります。

oshino4.jpg カチカチ山ロープウェイの頂上からは、富士山の裾野までがきれいに見えました。こんなに美しい富士山を見たのは初めてです。天気が最高だとこんなにもきれいに見えるものなんですね。

 忍野八海から富士山を見るというリベンジも果たし、大満足の小旅行でした。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -