FC2ブログ

記事一覧

【加筆】「おかみさんウーパー」&「ネッシーお父さん」!

IMG_4413.jpeg 母がいきなり、「焼きたてのおいしい魚が食べたい」。というわけで、巣鴨にお付き合い。地蔵通りにある「ときわ食堂」へ参りました。

IMG_4416 (1) この日の魚は3種類。「さば塩焼き」(790円)、「あこうだい粕漬け」(660円)、「さば味噌煮」(790円)。

 母に「何が食べたいの?」。「さんまの塩焼き」。だから、ないってば。この、ボケ老人(笑)。「さばでいいでしょ」。「うん」。

IMG_4428.jpeg あたしは、「鯵たたき定食」。いつもあるんだけどね。一切の生臭みがなく、魚の旨みがとてもあり、甘味さえ感じる。

 生魚をあまり食べたがらない母も、ここの鯵たたきは、おいしいと喜んで食べる。それほどおいしい。

 ダンナと来た時は、「なんか悪いものでも付いてるの?」というほどの災厄で、「今日は入荷がありませんでね」。そして、食べられなかった(笑)。

IMG_4419.jpeg「揚げだし豆腐」(420円)。お出汁がね、ちょっと甘めなんだけど、これがまいうーなの(いつのギャグ?)。

IMG_4425.jpeg「なす天ぷら」(420円)。つい先日、「夏の名残の野菜炒め」をあたしが作ったの。

 なす、赤パプリカ、アスパラ、豚こまと冷蔵庫の残りものの整理(笑)。塩、こしょうで味付けをして、レモンを絞って食べた。

「なすの皮、全部、むいちゃったの!」。母は不満だったらしい。ときわ食堂の「なすの天ぷら」には皮が付いてましたよ。母、満足。

 おろし生姜の乗った大根おろしがたっぷり付いてた。大根には、ジアスターゼという胃腸の働きを活性化する酵素が含まれている。夏バテで消化不良の母よ、全部いただくがいい。

IMG_4430.jpeg「にんにく揚げ」(300円)。皮付きのものを高温で揚げる。じゃがいもかと思うほど、ホクホク。味噌を付けて食べるのがミソ(笑)。

 お会計は、〆て2人で2910円。3000円としても、1人1500円ほど。さすが巣鴨。お腹いっぱいにおいしく食べても、こんなに安い!

IMG_4402.jpeg「帰りに磯揚げ まる天で、人気ナンバーワンのたこ棒を買って帰ろうね」と母と言っていた。太いチクワにたこがいっぱい入っていて、紅ショウガがアクセント。

IMG_4434_202309130108293cd.jpeg 巣鴨の夜は早い。6時を過ぎると、パタパタとお店が閉まる。食べたかったな、たこ棒よ。

 先日、ダンナと半熟スコッチエッグを巣鴨の「洋食 小林」で食べた。おいしゅうございました!

「洋食 小林」にはスコッチエッグのソースにするので、ジャムがたくさん売られてる。あたしは大のジャム好き。

 人気の「さつまいもとバターのジャム 黒みつの香り」(500円)が売り切れだったので、再度、買いに行った。「すみませんね。今日もお作りしてないんですよ」。

「さつまいもの季節になったら、作ります?」。「オーナーの気分次第なので(笑)」。「あきらめずに、また来ます!」。

 15歳の時に一緒にカナダにホームステイした岡山の女友達が高級な葡萄をお祝いに贈ってくれた。岡山県産。

「シャインマスカット」と「クインニーナ」。自分では買えないぞ(笑)。ダンナにLINEで、葡萄とメッセージカードの写真を送る。「縁起物だから一緒に食べないと!」。

 近々、ひたち海浜公園にコキアのライトアップを見に行く。持ってくぜ、海浜公園へ。2人でありがたくいただきましょう。

 謎の「ウーパー&ネッシー」のお話が始めるからね。長らく待たせたな!

IMG_4438_20230913043651f04.jpeg 母が池袋ショッピングパークのお洋服屋さんで、猫柄のロングスカートを買うつもりで試着していると…。

 お店のお姉さんが「お待ちの間にほかの商品もたくさんあるので、ご覧になってくだいね」。

IMG_4464.jpeg ぷらぷらしていると、かわいいぬいぐるみを2匹も発見。ピンクのウーパールーパーとネッシー!

 アタマにイメージが湧く。これは「おかみさんウーパー」&「ネッシーお父さん」にして、夫婦にしてあげよう! ロビンちゃん、今日から、また仲間が増えたよ。

 心のやさしいダンナにウーパー&ネッシーの写真をLINEで送ると、「増えるのはいいことですが、あまり増えると愛情が届きにくくなるのでは?」。

 ただでさえ、あたしの部屋はぬいぐるみだらけさ(笑)。ダンナにすぐにLINE。「あたしは愛情が有り余っているので、みんなを均等にかわいがります。安心してください」。

 葡萄を贈ってくれた岡山の女友達にも、ウーパー&ネッシーの写真をLINEした。「ネッシー? なんか丸っこいね。かわいいけど」。

 さすが友よ、「ネッシーお父さん」の正体は、ブラキオサウルスなのだよ。ダンナは気づかなかったけどね。

 新入りさんたちのタグを見た。「対象年齢6歳以上」。たしかにアラフィフ。6歳以上ですね。

 オチがよろしいようなので、今宵はこのあたりで、おいとまさせていただきます(笑)。

IMG_4508_2023091306045069c.jpeg おまけ。「ロビンさん、このお宅って、お仲間がたくさんいるのね」。「そうだよ、住みやすいと思うよ」。

「だたね、ママちゃんがブログを書くのが大好きだから、寝るのは、いつもお肌のゴールデンタイムを過ぎちゃうの」。

「おかみさんウーパーさん、ママちゃんを叱ってあげられるのは、キミだけだと思うよ。ボクはママちゃんの子供だからね、意見すると逆に怒られちゃうの」。

「あたしにまかせて! お姉さんをビシビシするわよ。これからお嫁に行くレディがそんなんじゃダメだわ」。

「あたしも、お父さんと連れ添って長いけど、この健康的なピンクのお肌が夫婦円満の秘訣なの。お姉さんをフォトウェディングまでに美しいお肌にしてみせるわ!」。

 おまけのおまけ。ブログを夜中の2時に書き終わり、気づいたら、フローリングの床に転がってました。起きて、びっくり!

  あたしは床で寝て、ベッドを見れば、ロビンちゃん、おかみさんウーパー、ネッシーお父さんが川の字でお布団をかぶって寝てました。なんなの。あたし!!

おわり(笑)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -