FC2ブログ

記事一覧

天気が回復したので、ダンナと銀座へ!

IMG_5446のコピー

IMG_5549のコピー 台風一過で、青空がのぞく銀座にダンナと一緒に出かけました。入籍前なので、母と変わらず同居です。

 朝食は水を使わず、ミルクだけで生地を練る大人気の「ねこねこ食パン」。

 9月13日(水)まで、池袋東武にポップアップショップが出店しています(デパート前の地下コンコース)。

 購入したのは、「三毛猫」。キャラメル、ブラックココア、プレーンの3つの生地で三毛猫の模様を表現。くるみも入っていて、とってもグー!

 9月限定の「茶トラ」(スイートポテト味)もおいしそう。安納芋(あんのういも)の甘みがぎゅっと詰まり、香ばしい黒ごまを練り込んだもの。

「三毛猫」や「ロイヤルミルクティー味」(耳にアールグレイの茶葉とホワイトチョコを混ぜ込んだもの)もおいしいけど、何度も買ってるし、「茶トラ」にすればよかったかなぁ。

IMG_3857_202309100053011d8.jpeg

IMG_3864_20230910005329af2.jpeg いま、母とハマっているのが成城石井の「本葛入り北海道産小豆の水羊羹」(399円)。

 下に比重の重い小豆を練ったものがあり、上積みに透明なところがあるのですが、そこも柔らかに固まっていて、おいしさの秘密。

 甘さは上品に控えめで、食べても罪悪感のない水羊羹です(笑)。ひとつがかなり大きいのですが、母と毎回、ペロリ!

IMG_2202(豪華列車 四季島 上野)「フィグログ」。いちじくとくるみのスイーツ。フィグ(いちじく)+ログ(丸太)=いちじくの丸太。

 イタリアの伝統的なお菓子で、ワインの「最高のおつまみ」とも言われています。お酒は飲まないので、薄切りにし、相性のよいクリームチーズを塗っていただいてます。

 小さな一本が2000円ほどするの! どんなお味か知りたくて買ったんですけどね。

 上野を起点とする豪華列車の四季島(しきしま)のスイーツの材料としても使われているとか。

 ブラックとホワイトのスタイリッシュなボディの四季島。山梨、長野、太平洋をめぐる旅、東北。いつか乗ってみたいな!

IMG_3617(ティファニーブルー) この日の装いは、ニューヨークの女性デザイナーのヴィヴィアン・タム。ティファニーブルーのノースリーブにベージュの巻きスカート。

IMG_3891.jpeg

IMG_3882_20230910012334937.jpeg 銀座にお出かけするので、池袋東武でかわいい化粧ポーチを買っちゃった!

 挿絵画家のmorita MiWさんのデザイン。ハロウィンが近いので、コウモリが木から逆さにぶら下がっています。

 母から譲り受けた漆(うるし)の手鏡、クリニークの口紅、パール肌になれるパフ付きファンデーション(550円!)がコンパクトに収まります。

 同じシリーズのタオルハンカチも購入。こちらは、小さなカタツムリが木の葉っぱに乗っています。かわいいー!

IMG_4043.jpeg 今回も出かけるまで、あまり時間がなかったぞ。シャワーを浴び、レブロンのマニキュアを大急ぎで塗りました。塗りムラがあるけど、よしとする!

IMG_3885_202309100141081a4.jpeg いつも、ダンナにおいしいものをご馳走していただいてるので、Tabio(タビオ)のカラフルな靴下を吟味し、4足プレゼント!

 カラフルであれば何でもよいわけではなく、配色もポイントだとか。「趣味がわかってきましたね」。お褒めいただきました(笑)。

IMG_4048 (1) 銀座三越のラデュレに15時に待ち合わせ。ビッグカメラの現像機が並んでいて、15分遅れで到着。ごめんなさいね。

 パリが本店で、マカロン発祥のハイクラスなカフェ・ラデュレ。銀座三越店は2008年オープンなんですが、なんと8月31日をもって、15年の歴史に幕!

「マリー・アントワネットの間」があり、まるでヴェルサイユ宮殿にいるかのような気分になる素敵なカフェでした。

 ブルーグレーを基調にプラチナカラーが効果的に加えられ、壁にはジャンセンの木彫りの装飾。

 ルイ16世様式のテーブルと「ショフーズ」と呼ばれる座部の低い椅子が美しく並んでいたそう。

 銀座三越を訪れるたびに何度も前を通っていたんですけどね。パステルカラーのマカロンがショーケースにグラデーションのように並んでました。

 ケーキは一個、1000円以上。特別な日でないと来れませんね。それがもうないのか!

 ソフィア・コッポラ監督(フランシス・コッポラの令嬢)が製作した映画『マリー・アントワネット』に登場する夢のようなお菓子を監修したのがラデュレなんですよ。

IMG_3897(大正三美人) 宮崎駿監督のアニメ『千と千尋の神隠し』のモデルと言われる積善館(せきぜんかん)に母と泊まりに行きます。群馬の四万温泉(しまおんせん)。

 大正から昭和にかけて活躍した女性歌人の柳原白蓮(やなぎわら・びゃくれん)さんも宿泊した、大正ロマンあふれる山荘が予約できました。

 母は、「白蓮事件」で筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門から社会運動家で法学士の宮崎隆介と駆け落ちした白蓮さんの大ファンです。

 NHKの朝の連ドラ『花子とアン』を親子で夢中で観てました。白蓮さん(ドラマの名前は葉山蓮子)は仲間由紀恵さんが演じ、素敵だったなぁ。

 さすがに白蓮さんは特別室、我ら親子は標準室(笑)。さすが「大正三美人」、お美しいです!

IMG_3845.jpeg おまけ。母の部屋にこっそり飾ってあったもの。初めて見ました(笑)。父と母の新婚旅行は香港。落ち着いた色のペアルックもいいですね。

 ダンナは、ルコックなどのゴルフウェアが大好き。この日もゴルフウェアで銀座を訪れてました(笑)。いつか、大人なペアルックで街を歩いていみたいものです。
関連記事

コメント

おめでとうございます㊗️
一日も早く ダンナ様って呼びたいですよね。
わかります。分かります。本当に本当におめでとう。

ありがとうございます!

おはようございます。カエルのロビンです。コメント、ありがとうございます。

「ダンナ様」って、呼んでみたかったですね、たしかに(笑)。

49歳にもなって、こんな日が訪れようとは!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -