FC2ブログ

記事一覧

(浅草4)池波正太郎の生誕の地をお参り!

IMG_0562 (1)

IMG_0567.jpeg 時代小説家・池波正太郎(いけなみ・しょうたろう)の生誕の地である待乳山聖天(まつちやましょうてん)です。

IMG_0573.jpeg 奥に見えるのが本堂。お賽銭箱(おさいせんばこ)がありました。ちょうど5円玉があったので、ダウンしないようにお参りしました。

IMG_0576.jpeg 本堂の中のお供物だったお供え用大根が一本250円で売られてました。

IMG_0579.jpeg 講金2000円をお支払いすると、御守(おまもり)と塗香(ずこう)を授けてくれる常香講(じょうこうこう)が7月20日(木)11時よりあるみたいです。塗香って何だろう? 興味があるので来てみよう。

IMG_0583_20230810055719f46.jpeg

IMG_0687_202308100601011f4.jpeg 前日お供えしたお下がり大根が無料で配布されてました。250円で買わなくていいんだ。

 大根に食紅で「お供物」の印を押してあります。重いのに母が母とあたしの分を2本持って帰ると言います。持って帰るのは、あたしだぞ(笑)。

IMG_1090.jpeg 料理担当のあたし、掃除担当の母ですが、母がひさびさに台所に立ちました。

 待乳山聖天でもらってきた大根をさつま揚げと煮ました。さすが料理学校を出ただけあります。

 夏大根でしたが、おいしかったです。あとは、家にあったにんじんでグラッセ(バターと砂糖で煮た料理)を作りました。

 青い葉っぱは豆苗(とうみょう)です。これは、あたしがサラダ油でにんにくを炒めて香りを出し、豆苗を入れて、オイスターソースと醤油で味付けしたものです。

 横浜中華街のお店の山東(さんとん)のレシピだそうです。料理サイトのクックパッドに載っていました。

IMG_0586.jpeg 待乳山聖天の小型モノレールのさくらレールです。乗車無料。乗ってくればよかった。

IMG_0589_20230810063220c96.jpeg お百度参り(おひゃくどまいり)がありました。1往復で一回、100回で完了。使い方は、リングをスライドして、100回カウントするようです。

IMG_0592.jpeg 道灌稲荷跡(どうかんいなりあと)がありました。かつて境内には、太田道灌(おおた・どうかん)の道灌稲荷が祀(まつ)られていました。

 太田道灌とは、室町時代後期に関東地方で活躍した武将です。江戸城を築城し、武将としても、学者としても、一流だったと言われています。

 かつて、当町内の木戸には、「道灌稲荷の守護」の札が貼られ、地域の人々より、尊崇されていたそうです。

 人望篤く(あつく)、文武両道の名を馳せていた太田道灌は、文明八年(1476年)に鎌倉の詩僧を招き、隅田川に船を浮かべて、詩歌管弦の宴を開いています。

 管弦とは、横笛などの管楽器と笙(しょう)や琵琶(びわ)などの楽器を演奏することだそうです。

IMG_0596_202308100715577db.jpeg 待乳山聖天は、金龍山浅草寺の支院です。

 その創建は、推古天皇九年(601年)の夏、旱魃(かんばつ)のため、人々が苦しみ、喘いで(あえいで)いた時、十一面観音が大聖尊歓喜天に化身して、この地に姿を現し、人々を救ったため、「聖天さま」として祀った(まつった)ことに始まります。

 ここは、隅田川に臨み、江戸時代には東都随一の眺望の名所と称され、多くの浮世絵や詩歌などの題材になっています。

 また、境内各所にほどこされた大根・巾着(きんちゃく)の意匠は、当時のご利益を示すもので、大根は健康で一家和合、巾着は商売繁盛を表すと言います。

 一月七日の大般若講(だいはんにゃこう)大根祭は、多くの信者で賑わいます。

IMG_0600(4ここまで) 池波正太郎は、「大川と待乳山聖天宮」というエッセイで、「生家は関東大震災で跡形もないが、隅田川の水と待乳山聖天宮は私のふるさとのようなものだ」と書いています。

 池波正太郎は、1923年、旧東京市浅草区聖天町61番地(待乳山聖山公園の南側)で生まれました。

 この年の9月に関東大震災が起こり、生家は焼失してしまいましたが、少年期、青年期を台東区で暮らしました。今年、生誕100周年です。

 1960年、『錯乱』で直木賞を受賞し、『鬼平犯科帳』、『剣客商売』、『仕掛人・藤枝梅安』などの人気シリーズをはじめ、時代小説の傑作を次々と生み出し、この待乳山聖天あたりも、たびたび舞台として描いています。

浅草最終回に続く。
関連記事

コメント

大根!

昨日のとはいえ無料配布はありがたい~♪
というか、こっちのほうがご利益ありそうな気が…??

ざくまらさま

こんばんは、カエルのロビンです。コメント、ありがとうございます!

無料配布、ありがたいですよね。私も、こちらの方がご利益がありそうな気がします。

珍しく母が料理して、おいしくいただきました!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -