FC2ブログ

記事一覧

(1)塗香をくれる「常香講」に行って来た!

IMG_0579のコピー

IMG_1132.jpeg 7月20日(木)11時から常香講(じょうこうこう)に参加しました。講金2000円をお支払いすると、塗香(ずこう)と御守(おまもり)がいただけます。

IMG_1149_202308030026160d6.jpeg  

IMG_1158_20230803002743ef9.jpeg

IMG_1161.jpeg 浅草寺が本尊の待乳山聖天(まつちやましょうてん)という仏教寺院で、常香講が行われました。

IMG_1163_2023080300352671f.jpeg 能舞台(?)で、太鼓と鼓(つづみ)と笙(しょう)の演奏をしていました。

IMG_1170 (1) 本殿です。常香講大般若(じょうこうこうだいはんにゃ)法要執行と書かれています。

IMG_1171_20230803004326a4f.jpeg 撮影禁止だと知らず、写真を一枚撮ってしまいました。ごめんなさいね。

 待乳山聖天は、なぜか、大根が奉納されます。何の由来があるのでしょうね? 常香講に参加していたのは20人あまり。老若男女いました。みんなお数珠(じゅず)とお経を持って来ていました。あたしは、両方持って来ず(笑)。

 お坊さんは4人いました。読経を30分間(はんにゃーはーらーみーたー)。お経を読むのは紫色の法衣に橙色(だいだいいろ)の袈裟(けさ)のお坊さんでした。その後、ありがたいお話を30分間。

IMG_1155.jpeg

IMG_1140.jpeg 時代小説家の池波正太郎は、「大川と待乳山聖天宮」というエッセイで、「生家は関東大震災で跡形もないが、隅田川の水と待乳山聖天宮は私のふるさとのようなものだ」と書いています。

 池波正太郎は、1923年、旧東京市浅草区聖天町61番地(待乳山聖山の南側)で生まれました。この年の9月に関東大震災が起こり、生家は焼失してしまいましたが、少年期、青年期を台東区で暮らしました。今年、生誕100周年です。

 100円バスのめぐりんに『鬼平犯科帳』の主人公・長谷川平蔵と『仕掛人・藤枝梅安』のイラストが描かれています。

 1960年、『錯乱』で直木賞を受賞し、『鬼平犯科帳』、『剣客商売』、『仕掛人・藤枝梅安』などの人気シリーズをはじめ、時代小説の傑作を次々と生み出し、この待乳山聖天あたりも、たびたび舞台として登場します。

 池波正太郎のファンであるあたしは、『鬼平犯科帳』、『剣客商売』を繰り返し読み、定評のあるエッセイもほとんど読んでいます。

 銀座の「天ぷら近藤」の近藤文夫(こんどう・ふみお)氏による小説に出てくる料理を再現した料理書も好きです。

IMG_1174_202308030200064d8.jpeg

IMG_1355.jpeg  

IMG_1358.jpeg 創業100周年の福寿家さんで、見た目も鮮やかな伊奈利(稲荷)ロールを買って来ました。6個入り、1050円。高級稲荷寿司屋さんです。高級という割にはお安いですね。浅草価格かな?

IMG_1137_20230803021531758.jpeg

IMG_1194_20230803021740c90.jpeg 神谷バーで、名物のカクテル・デンキブランのグラスを買いました。2個入り、810円。

 前回、大学教授と麻鳥さんで、うに釜飯を食べに来た時に買おうとしたのですが、神谷バーに着いたのが5分遅く、土産物の売り場が終わっていました。

 やっと買えたぞ! ずっと欲しかったんだ。30歳で過労で倒れる前はなかなかの酒豪だったあたし。デンキブランも何度も飲んでいます。

 いまは眠剤を飲んでいるので、お酒は飲めないのですが、デンキブランのグラスですもの、懐かしいじゃないですか。池波正太郎の書籍が並んでいる本棚に飾っておこうっと。

(2)につづく。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -