FC2ブログ

記事一覧

(後編)シウマイの元祖と氷川丸の探検!

IMG_8976_202305240025097e0.jpeg 大学教授がゴルフの賞でお食事券をいただいた順海閣(じゅんかいかく)です。

 1980年代、横浜中華街でおいしいところと言えば、順海閣と海員閣だったとか。コスパがよく、おいしい店の双璧だったそうです。牛バラご飯や天津飯など単品でお手頃なものがあったと食べログに書いてありました。

IMG_9013.jpeg 11時半の予約だったので、お客さんが少なかったのですが、12時を回ったら、家族連れなどでいっぱいになりました。

IMG_9014.jpeg 前菜です。味付けくらげとチャシューと鴨のスライスと豚の三枚肉です。

IMG_9015.jpeg フカヒレのスープです。

IMG_9016_202305240038382cc.jpeg 殻ごと食べられるソフトシェル・クラブです。

IMG_9017.jpeg いかとキクラゲとピーマンと玉ねぎの炒め物です。味付けがとてもよかったです。

IMG_9018_20230524011122d4d.jpeg 順海閣はシウマイの元祖です! 崎陽軒の要望で、おいしいシウマイを作ろうと日夜研究していましたが、満足できるものはできなかったと言います。

 ところが何気なく、貝柱を混ぜて食べたところ、おいしいシウマイができたとか。無事、崎陽軒にレシピを渡すことができました。

IMG_9019_20230524011954f79.jpeg 小籠包です。熱々のスープが出てきて、口の中をやけどしそうになりました。

IMG_9021.jpeg デザートのタピオカミルクです。料理が続々と出てきて、1時間もせずに食べ終わりました。大学教授と笑い合ってしまいました。

IMG_8290.jpeg 中華ランチの後は、中華街に入ってすぐある重慶飯店 第一売店に行きました。中華菓子のお土産屋さんです。高校生の頃、異国情緒が味わいたくて中華街を訪れ、ふらりと入って以来、味のよさから通っています。

IMG_8358.jpeg「番餅」(バンピン)。重慶飯店で一番人気の中華菓子です。324円。ラードを練り込んだ黒餡を皮で包み、クルミをたっぷりトッピングしたもの。母の大好物です。

IMG_8294_20221115221745654.jpeg

IMG_8298.jpeg

IMG_8310.jpeg「鳳梨酥」(ホウリンス)。324円。パイナップルケーキです。フランスの発酵バターを使用した、風味豊かなほろりとしたクッキー生地で、ジューシーなパイナップルジャムをたっぷり包んだもの。

 前は、普通のバターだったのですが、南青山にある台湾で一番おいしいと評判のサニーヒルズがフランスの発酵バター・エシレを使用していることに触発され、発酵バターで作るようになりました。

 パイナップルケーキは、重慶飯店のほか、小籠包が有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)、なんとシュウマイの崎陽軒まで作っています。
 
IMG_8366.jpeg「伍仁夾心」(ウニンキョウシン)。あたしが一番大好きな中華菓子です。1080円。

 ピーナッツやクルミ、ごま、オレンジピール、すいかの種などを刻んで包み、焼き上げたものです。ジャスミンティーと一緒にいただくと最高!

IMG_8321.jpeg「杏仁酥」(アンニンス)、162円。アーモンドパウダーを生地に練り込んで焼き上げた中華クッキーです。ラードを使っているので、サクサクとした軽い食感です。杏仁(杏の種)を使っているわけでないのに「杏仁酥」。高校生の頃からの謎!

 今回は、母におつかいものを頼まれてしまいました。母が通っている歯医者さんとお世話になっているご近所さんに番餅と伍仁夾心を一本ずつ買ってくるように言われました。

 歯医者さんもご近所さんも、珍しいものをいただいたと喜んでくれてよかったです。

IMG_9024.jpeg 重慶飯店の後は、老舗のホテル・ニューグランドでお茶をしました。ラ・テラスというあたしがロビンちゃんとアフタヌーンティーを食べたところで、お茶ができたのですが、後のお客さんは満席で座れませんでした。

 大理石のテーブルに青いフカフカの椅子。とても雰囲気のいいところです。大学教授はケーキセットにコーヒー、あたしは、ウバという香りを付けたわけではないのにメンソールの香りのする紅茶を飲みました。

 世界三大名茶のひとつで、香り、コク、渋みを持つウバは、ミルクティーにすると最適です。ホテル・ニューグランドのミルクは植物性ではなく、動物性なので、とてもミルキーです。

 窓の外におそらく写真だけの結婚式を挙げるカップルが二組いました。女性なら、憧れてしまいますよね。いーなー!

IMG_8040.jpeg 喫茶を楽しんだ後は、本館の青い絨毯(じゅうたん)の大階段を登って行きました。

IMG_8058 (1) 大階段を登った先にあるエレベーターの上の時計です。

IMG_8078.jpeg

IMG_8106.jpeg 時計の回りには、三人の天女と雲がたなびく壁画がありました。

IMG_8082 (2)

IMG_8091 (2) 2階には、広いロビーがありました。1927年に建てられた、現存する唯一のクラッシック・シティ・ホテルである本館。

 横浜を代表する建物です。95年前から往時の姿をとどめ、非常に高い建築史的価値があります。

IMG_9028.jpeg 大学教授にバラが最盛期の山下公園を案内しました。大学教授はニコニコしているのに、あたしは笑っていません(笑)。写真だと緊張して笑えないのです。

 大学教授のカメラにあたしが少しだけ笑っている写真があったようです。いいカメラを持った若い男性に写してもらったものです。二人の写真で、年賀状にしようかと冗談を言っていました。

後編終わり。
関連記事

コメント

カエルのロビンさま
お元気そうで良かったです。
大学教授との楽しいデートを楽しんでいますね〜
順海閣美味しそう!
ホテルニューグランド、中に入ったことが無かったけど素敵ですね。
今度横浜に行く機会があったらホテルニューグランドにも是非立ち寄ってみたいです。

あら還暦あけみさま

こんばんは。カエルのロビンです。コメント、ありがとうございます!

順海閣、おいしかったですよ。特別な料理が出たわけではありませんが、味つけがよかったです。

ホテル・ニューグランド、とても素敵ですよ。現存する唯一のクラシック・シティ・ホテルです。ぜひ、立ち寄ってみてください。

ダイエット中の大学教授。痩せたら、写真だけの結婚式をホテル・ニューグランドでやってくださるとか。

やったー! 由緒あるホテルで結婚式が挙げられる!! 大学教授は横浜が地元なので、やる気になったようです。

写真で笑えるようにしなければなりませんね(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメント、ありがとうございます。カエルのロビンです。

素敵なところで、お育ちになったんですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -