FC2ブログ

記事一覧

(3)【秋田】休暇村で過ごす2日目。

IMG_5854.jpeg 8時半から朝ごはん。寝坊をしてしまいました。旅行初日2時間睡眠、2日目、本を読んでいて、4時間睡眠。疲れていたのでしょう。7時からの秋田弁ラジオ体操には参加できず。明日、参加します。

 写真は、比内地鶏卵のなめらかプリン。カラメルソースとホイップクリームを乗せて食べました。おいしい!

IMG_5851.jpeg リンゴ酢ドリンク、黒酢ぶどう&ベリーミックス。目が覚めます。

IMG_5857(三回目ここまで) 焼きたてのオムレツもいただきました。

IMG_5650.jpeg 食後にぶなの森の水を使用したホットコーヒーを飲みました。420円。

IMG_5665.jpeg イタリアのデザート・アフォガードも食べました。680円。ココナッツソルトチョコが乗ったソフトクリームにエスプレッソをかけて食べます。とってもおいしかったです!

IMG_5662_20230102190040c2c.jpeg

IMG_5755.jpeg

IMG_5758_20230102185933bd7.jpeg あきたいぬソフトクリーム。430円。耳はクッキー、目と鼻はチョコレート。

 食後は、ふとんを上げずに本を読みながらゴロゴロ。いつの間にか眠ってしまいました。

IMG_5748_20230102190647582.jpeg お昼は、かけ稲庭うどん 天ぷら付き。1350円。天ぷらの衣が薄くて、おいしいです。薬味はゆず、あさつきの小口切り。

IMG_5706_20230102213526657.jpeg

IMG_5677_202301022136418f6.jpeg

IMG_5683_2023010221394308d.jpeg お昼の後は、散歩。一枚目は滝の写真です。

IMG_5559_20230102191726956.jpeg 蟹場温泉(かにばおんせん)。一幅の自然画を眺めながら湯につかる極楽。

「周辺の沢にサワガニがたくさんいたことから名付けられた蟹場温泉は、1846年の開湯という歴史のある温泉。岩と木の2種類の内風呂と本館から50mほど歩いたブナの森の中に混浴の露天風呂があります。露天風呂は夜に女性だけの時間19:30〜20:30も設定されています。無休。内湯:男女各2、露天風呂:混浴1」。

 蟹場温泉は、休暇村から少し遠くて、訪れませんでした。

IMG_5562_20230102193342cfe.jpeg 孫六温泉(まごろくおんせん)。先達川の瀬音をBGMにつかる「山の薬湯」。

「道路沿いから離れ、先達川渓谷の川岸にたたずむ孫六温泉。豊富に湧き出る源泉は、それぞれが異なる泉質を持ち、万病によく効くことから、山の薬湯と親しまれています。内湯:男女各1、混浴1、露天風呂:混浴2、女性用1。11月中旬から4月中旬まで冬季休業」。

IMG_5565_20230102194315138.jpeg 黒湯温泉。深い山に包まれた隠れ里のような出で湯。

「乳頭温泉郷のもっとも奥に位置する黒湯温泉が発見されたのは、いまから約330年前ほど昔のこと。鶴の湯温泉に次いで歴史の古い温泉です。茅葺き(かやぶき)や杉皮葺きの屋根の宿舎や湯小屋が昔ながら湯治場の風情と豊富な湯と取り囲む山々の景観が心に染み入ります。内湯:男女各2、混浴1、露天風呂:混浴1・女1・男1。11月中旬から4月中旬まで冬季休業」。

IMG_5578(二回目ここまで) 鶴の湯。佐竹藩主も湯治に訪れた乳頭最古の湯。

「1701年の開湯と伝えられる、乳頭温泉郷最古の歴史を持つ湯。秋田藩主の湯治場でもあり、警護の武士が詰めた茅葺き屋根の長屋・本陣はその当時のままの姿で、宿泊湯として使用されています。乳白色の混浴露天風呂や泉質の異なる白湯、黒湯など9つの風呂があります。内湯:男女各3、露天風呂:混浴1・女1 夏季のみ2」。

IMG_5790_20230102203621764.jpeg 7時からお待ちかねの夕食。本日のお造り。姫神サーモン、鮪(まぐろ)、にし貝。

IMG_5799_20230102203816a96.jpeg 秋田県産豚ヒレカツのしょっつるあんかけ。彩りがきれい。

IMG_5804_20230102203919591.jpeg 牛スジ煮込み。こういった、何でもないお料理がおいしい。

IMG_5782.jpeg 秋田県産豚バラ肉と姫竹のジャポネーゼ風。長ネギの斜め切りがたくさん乗っているところがジャポネーゼ風なんでしょう。

IMG_5822.jpeg 別注した比内地鶏の唐揚げ。1020円。揚げたてで、とってもおいしかったです!

IMG_5836_20230102205032983.jpeg

IMG_5833.jpeg 松茸ごはんやふきのとうのピザもいただきました。昨晩取りすぎているので、2つのお盆に留めておきました(笑)。

IMG_5550.jpeg 乳頭温泉郷ウォーキングマップ。鶴の湯旧道コース(60分)、鶴の湯入口から鶴の湯コース(50分)、湯めぐりコース(60分)、自然の小道(40分)、鶴の湯入口から蟹場コース(75分)。

 休暇村の温泉に夜2回目の入浴。粉雪が舞う露天風呂。見上げれば、降っても降っても粉雪。とても幻想的でした。

 また別の日の夜には、みぞれが降っており、編笠(?)を被って入りました。これも、いいもんでしたよ。

IMG_5839_202301022119384bc.jpeg 湯上がりに、はちみつサイダーを飲みました。330円。国産トチはちみつ5%入り。

つづく。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -