FC2ブログ

記事一覧

(3)著名人のお宅訪問〜ライター修行時代。

IMG_5575.jpeg 腹も膨れたので、駅前のドトールで、沖縄黒糖ラテをおごってあげる。初めて飲んだらしく、おいしいと喜んでいた。

 思い出話に花が咲く。月刊の科学雑誌でライター見習いをしていた。ご飯をおごってくれた元編集者は、副編集長。

 元編集者は、遠藤周作の推薦で講談社に入社した。たまたま隣に住んでいて、「好青年がいるから、雇ってくれ」ということで入社。自動車学校は同級生。

「すずと言えば、国道1号線をまっすぐ行って、京都に行くと言い出した大冒険だよな」。

「あぁーありましたね。観測史上、一番暑い真夏で、大崎だったかな。そこで、あまりの暑さに断念して、ユースホステルに泊まったんですよ。持って行った本は、高野悦子の二十歳の原点。鉄道自殺のくだりを読んでいて、怖くなって、翌朝、家にとんぼ返りしちゃいました。編集部にも、二日後には出社してましたね」。

「それと、デザインルームに突っ走っていった笑話。デザインルームに行ってくれと編集長が言ったら、もういない。本当は、持って行って欲しいものがあったのに」。

「ありました、ありました。デザインルームに着いたら、編集長から電話があって、おーい、帰ってこいって言われちゃいました(笑)」。

「ビールの味の特集があって、池袋西武で、いろんな缶ビールを買ってこいと言われたこともありましたね。撮影するので、缶がつぶれてないか吟味して買って帰ったのを覚えています。出来上がった雑誌を見たら、この写っている缶ビールは、あたしの指紋が付いているんだなと思ったら、不思議な気がしました」。

「雇っていただく時、本当は大学二年生くらいの男の子がいいと言われたんですよね。何でもしますからって、編集長に食い下がったんですよ。大学に入ったばかりでした。男の子がいいと言われれば、赤毛のアンじゃないですけど、しゃかりきで仕事してましたね。重いレイアウト用紙をデザイナーのところにタクシーでいいから持って行けって言われて、いえいえ、電車で行きますからって、遠慮しちゃったこともありました」。

「好きな仕事は、印刷所から戻って来たイラストの返却。一枚一枚、イラストレーターに宛名を書いて、返却するんですけど、当時はパソコンなんかで描かずに一点一点、手書きで描いていて、それを見るのが好きでした。科学雑誌なので、DNAの二重らせん構造の絵なんかを細密画で描いていて、感動したのを覚えてます」。

「ご存じです? 編集部のそばのハヤシライスが有名な洋食屋さんで、講談社の社員が階段から落ちて亡くなったんですよ。あの階段、急だったじゃないですか。酔っ払っていて、落ちたんですね。その後、洋食屋さんは廃業したんですよ。非があるわけでもないのに可哀想ですね」。

「講談社の社員が東京スカパラダイスオーケストラのメンバーで、ツアーに出かける時は、ホワイトボードにツアーって、面白がって殴り書きしていたんですけど、その方も自殺なさったんですよね。原因はわからないんですけど」。

「あーそんなことがあったんだ。知らなかったな。僕が定年した後だな」。

「30歳の時から48歳まで、18年間、書き溜めたエッセイを読んでくださって、ありがとうございます。結構な分量があったのに一気読みしてくださって、うれしかったです。いつか自伝的小説が書きたいですね」。

「短い文章に濃い中身が上手に詰め込まれていたね。科学雑誌時代からの修業で文章力が身についたんだね。いろんな人生経験が話に生かされてるし、物書きとして十分な力量があると思うよ。編集した単行本で、ベストセラーの実績もあるようだね。ブログの読者も、次回作を心待ちしているんじゃないかな」。

「ありがとうございます。これからも、体調がいいときは、エッセイの続きを書いていきたいと思います」。

「またの機会を楽しみにしてるよ。今日は、ひさびさに楽しかった」。

「あたしも楽しかったです。また誘ってやってください。ごちそうさまでした」。
関連記事

コメント

大変なコトがありながらも、イキイキとお仕事していた様子が伝わってきました

ネットで何でも検索できるようになった現在でも、私はやっぱり雑誌が好きです♪

Re: タイトルなし

raffineさま、こんばんは。ロビンです。コメント、ありがとうございます。

あたしも雑誌が好きで、雑誌や本を夢中で作る人が好きです。

講談社が忙しくて。大学にはほとんど通ってないんですよ。講談社があたしの青春でした。

ゼミの先生も理解のある人で、夢中になることが見つかったら、その道を行くといいよと言って、一文字も書いていない卒論の単位を入れてくれました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -