FC2ブログ

記事一覧

(3)美味しい佐渡冬紀行

IMG_9974.jpeg 宿泊したのは、老舗のホテル大佐渡。日本海一望の天然の絶景露天風呂がある。日帰り温泉もある。サウナやジャクジーもあり、ポカポカと温まる湯だ。佐渡金山より車で12分。

 大浴場、お食事所処からも日本海が見れる。どの部屋からも佐渡の雄大な青い海が望める。西海岸の相川春日崎に建つ。402室の大型ホテル。フロントは24時間対応。

 旅行商品パックでは、7つの宿泊施設から選べたが、人柄の温かいホテルマンのいるホテル大佐渡にしてよかった。

 部屋は禁煙ツイン。夕食が楽しみで、思わず撮り忘れてしまった。

IMG_9965.jpeg
IMG_9975.jpeg
IMG_9976_20211214174605445.jpeg ホテルの外観。赤いポストがレトロでかわいい。

IMG_9860.jpeg ホテルに16時にチェックイン。サンセットは、16時27分。十分待ち合う時間だ。色浴衣が選べ、母とあたしは真ん中の花柄模様のものにする。

IMG_0003.jpeg「朱鷺と暮らす郷」(300g)のお土産をくれた。佐渡産の特別栽培米のコシヒカリ。

 絵柄は、「紫陽花の島」と「宿根木(しゅくねぎ)」。宿根木とは、国の重要伝統的建造物群保全地区に指定されている。

 ゆるやかなカーブを持つ家の外壁には、かつて栄えた千石船の木材や船釘が使われている。『クッキングパパ』(69巻/講談社 刊)に佐渡編が載っている。

 回りたかったが、目の悪い母が運転免許証を返納しているので、無理だった。

IMG_9877.jpeg 夕陽に向かって歩く母。

IMG_9882.jpeg もう少しで日没。

IMG_9909_20211214175449259.jpeg
IMG_9927_20211214175526564.jpeg 新潟の冬はどんよりした気候だが、奇跡的に夕陽が見えた。誰の行いのよさだろう。

 沖縄の小浜島の朝日も素晴らしかったので、これで2つ制覇。

IMG_9960.jpeg 完全に夕陽が落ちた。雲に残照が照り映える。

IMG_9953.jpeg お月さま。

IMG_9987_20211214180008605.jpeg 夕食の時間が6時〜8時なので、お土産物屋さんを見る。「真野鶴 金の道 純金箔入本醸造」。1100円。

IMG_9990.jpeg「日本海産のどぐろ使用の釜飯の素」(2〜3人前)。650円。欲しかったが、この日の夕食は、のどぐろ御膳なので、買わなかった。

IMG_9993.jpeg「佐渡金箔せんべい(金粉入り)」。「佐渡小判クッキー 佐渡奉行」。

IMG_9996.jpeg 彩箸。1430円。06番のものが欲しかったが、現金があまりなかったので、諦めた。

IMG_9999_20211214183049b17.jpeg 16時〜18時まで、ロビーでは、HAPPY HOUR。

 スパークリングワイン、ワイン(赤と白)、ウイスキー、佐渡地酒、芋焼酎、オレンジジュース、コーヒー、紅茶、サイダー、炭酸水が無料で飲めた。母はサイダー、あたしは炭酸水。

IMG_0020_202112142059548c4.jpeg 母は、活紅ずわい蟹御膳(ボイル)。

IMG_0007.jpeg 蟹をホジホジし、皿に山盛りにして、満面の笑みで食べる母の写真を撮ればよかった。蟹味噌は、あたしにくれた。

IMG_0014_20211214220520c4c.jpeg あたしは、のどぐろ御膳。

IMG_0010_202112142213301f1.jpeg
IMG_0023.jpeg のどぐろの煮付けが脂が乗っていて美味。ご飯に乗せて食べる。母と半分こ。魚卵も、味が染みていて美味しかった。母にあげた里芋もねっとりしていたとか。

 烏賊(いか)と雲丹(うに)の和え物がとびきり美味しく、ご飯のお供に最適。

 この時点でご飯がなくなってしまった。母も、あたしの影響で、生魚が好きになってきていて、和え物がおいしいと言っていた。

 佐渡産牡蠣の陶板焼き。牡蠣がパンフレットで見たより、小さく、牡蠣好きとしては残念。でも、他のおかずが素晴らしいので、及第点。

IMG_0017_20211214210958268.jpeg お造り 五種。甘海老が緑色の子持ちだった。湯霜にした鮪(まぐろ)も美味しい。

 おかずがまだたくさんあるので、ご飯をおかわりしたかったが、太るわけにはいかないので、我慢。

IMG_0026_20211214211730008.jpeg 河豚(ふぐ)の麹焼き。母がくれた。

IMG_0029_20211214211924e6d.jpeg 茶碗蒸し。まだ温かかった。

IMG_0032.jpeg デザート。温暖な気候で採れるオレンジも、昨年あたりから新潟で採れるようになってきたとか。味が濃く、とても甘い。

IMG_0035.jpeg 食べ終わって、器を見ると、朱鷺(とき)の紙皿があった。

IMG_0037.jpeg 達筆で書かれた書。なんて書いてあるか、わからなかった(笑)。これにて、夕食終わり。

 日帰り温泉を利用していた、サウナで会ったご婦人が2〜3年前までは、天ぷらに刺身に茶碗蒸しといった、どこの旅館でも出す献立しかなかったので、もっと佐渡らしいものをお客さんに食べてもらいたかったと言っていた。

 冬紀行のような佐渡らしい献立を考えれば、お客さんはもっとやってくるだろう。

 ちなみにこのご婦人は、昼間に回った尖閣湾のそばに住んでいるとか。「いい所でしょう」と誇らしげだった。

 ホテル大佐渡の露天風呂は、佐渡随一だと言っていた。国際佐渡観光ホテル八幡館は、硫黄の匂いのするいい湯だが、景観は望めないとか。

IMG_0040.jpeg 母とお揃いの色浴衣。

IMG_0043_20211214212455d26.jpeg 泊まったのは、12月9日。少し早いクリスマスツリーが飾られていた。
関連記事

コメント

夕陽のお写真キレイですね〜

食事も美味しそうだし、たくさん親孝行されてますね

Re: タイトルなし

raffineさま、こんばんは。ロビンです。夕陽、奇跡的に見れてよかったです。沖縄の小浜島の朝日もよかったので、これで2つ制覇です。

お食事、よかったですよ〜! 特にのどぐろの煮付け。初めて食べました。2キロ、太っちゃいましたけど(笑)。

おー!

これはまさに4年前、自分も泊まった宿ではないですか~^^

佐渡!
また行きたいな~♪

トキは見れましたか~??

No title

うわぁ〜夕陽のきれいなこと!
これはもちろん、カエルのロビンさんの日頃からの、、、だとおもいます!

そしてお料理が美味しそう!私だったらごはん、3杯いっちゃいそうです(*´꒳`*)河豚の麹焼き、食べてみたいです〜

Re: おー!

ざくまらさま。おはようございます。ロビンです。奇遇ですね。同じホテルに泊まるなんて。ホテル大佐渡は、昨年から経営者が変わって、お食事がよくなったとのこと。

朱鷺の森は、他に見たいところがあったので、見れませんでした。残念。また、佐渡島に行きたいな。

Re: No title

Sakkoさま、おはようございます。ロビンです。コメント、ありがとうございます。

夕陽もよかったのですが、佐渡産にこだわったお食事、本当においしかったです。

帰ってきて、体重計に乗ったら、2キロも太ってました(笑)。新調したジーンズはかろうじて履けるのですが、せっかく痩せたのですから、これ以上、太らないようにしないと!

No title

佐渡旅行記、楽しく読ませていただきました~(*^^*)
夕陽の美しさ、とくに旅先なら感動も倍増だったのではないでしょうか??
お料理も美味しそう~。
いつか行きたいと思っている佐渡。ロビンさんの旅行記を見たらますます行ってみたくなりました!

Re: No title

karioさま、こんにちは。カエルのロビンです。

楽しく読んでいただき、ありがとうございます。

全6回まで続くので、お付き合いいただけると幸いです。

佐渡島、とってもよかったですよ。観光スポットもいいのですが、人が温かい。また行きたくなりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -