FC2ブログ

記事一覧

(2)美味しい佐渡冬紀行

IMG_9715_202112130610142a9.jpeg
IMG_9691_20211212220608f7f.jpeg これまでに買ったお土産。佐渡汽船カレー(イカのスパイスキーマカレー)。760円。佐渡産のイカのスミが隠し味。

 佐渡産のル レクチエ(高級洋梨)と佐渡バターのジャム。700円。友人の分も買った。佐渡島の柿餅。460円。まるごと佐渡りんごジュース。330円。天然果汁100%。

 佐渡島は昨日まで雨続き。旅行前の天気予報でも、二泊三日のうち、二日間が雨の予報だったが、直前に三日とも晴れの予報に変わった。

 家に帰宅した翌日からも、雨や雪の予報。さすが晴れ女。水平線に厚い雲があるが、果たして、夕陽が見られるだろうか?

IMG_9738.jpeg 両津港に着いてからは、貸切タクシー。3時間コースが1万8600円だが、佐渡市から6000円の補助金が出ているので、1万2600円で乗車できた。初めに回ったのが、佐渡弥彦米山国定公園 七浦海岸。

IMG_9733_20211213094756d79.jpeg 七浦海岸にある夫婦岩。佐渡には奇岩が多い。

IMG_9741_202112130954034f4.jpeg 佐渡名物 たらい舟。写真は海風で朽ちているが、女性船頭さんが巧みに操る舟は旅情を誘う。

IMG_9743.jpeg「夫婦が語る大昔の出来事」。夫婦岩は、火山灰と小さな岩石が固まってできたものだ。

 このような岩石を凝灰岩と呼び、色が緑色なので、グリーンタフ(緑色凝灰岩)と呼ぶ。日本海側に多く見られる。岩石に詳しいタモリさんになったようだ(笑)。

IMG_9748.jpeg 猫岩。猫の耳がピンと突き出している。タクシーの運転手さんが猫好きで11匹も買っているとか。エサと猫の砂代がかかってしょうがないとぼやく。

 おいしいお酒と猫がいれば幸せだと言っていた。母も猫好き。話が合った。

IMG_9750.jpeg 良寛さんの母の生家があった所。

IMG_9777.jpeg 佐渡相川にある尖閣湾揚島遊園(せんかくわんあげしまゆうえん)。東シナ海にある尖閣諸島とお間違えなきよう。

 3月中旬から11月下旬のハイシーズンには、15分間のクルージングが楽しめる海中透視線(グラスボート)が出て、360度パノラマの臨場感は圧巻だそう。

 人馴れしたカモメやウミネコたちは、船にも恐れずに近寄ってくるので、海上でくつろぐ姿を間近に見ることができるかもしれない。

 湾内には、毎年5月下旬から6月にかけ、「岩ユリ」や「カンゾウ」の花で、鮮やかに彩られるとか。

IMG_9756_2021121310401380d.jpeg 元祖『君の名は』(菊田一夫 原作)のロケ地。真知子(岸惠子)と春彦(佐田啓二)が再会した所。白い橋は、遊仙橋という名だが、通称「真知子橋」とも呼ばれれる。

 すれ違いドラマとして名高い『君の名は』の第一部の最後は、夫の子供を宿し、尖閣湾の吊り橋から身投げしようとする真知子とそこに駆けつけた春樹がついに出会うシーン。

 春樹「僕は君をもう誰の手にも。そのつもりで、僕は君を迎えにきたんだ」。真知子「私、私、どうしたらいいんでしょう。子供が。子供が」は名シーン。

IMG_9758_20211213153421721.jpeg 橋を渡るためにあたしは、500円払う。佐渡海洋深層水100%の藻塩をくれた。

IMG_9760.jpeg 母は、1000円払い、生のスミイカを焼いてもらった。

IMG_9774.jpeg イカは、やわらかくて、甘かった。米麹の甘酒。400円。

IMG_9765_202112131540579ec.jpeg 新潟 南蛮えび煎餅。新潟の南蛮エビは、赤く、太く、甘いそう。 

 丸ごと佐渡りんごジュース。天然果汁100%。この2つも橋を渡るともらえる。

IMG_9768_20211213121108b8a.jpeg
IMG_0237_20211213154447b0e.jpeg「朱鷺(トキ)めきのお誕生日」。佐渡銘菓のミルククッキー。12枚入りで490円。

IMG_9780.jpeg
IMG_9782_202112131222596ab.jpeg 地域限定。新潟バージョンのコカ・コーラ。スリムボトル。好評により、再販売。250ml、150円。

 国指定重要文化財で、日本一の大河である信濃川にかかる「萬田橋(ばんだいばし/よろづばし)」、約200年の歴史と伝統を誇り、京都の祇園や東京の新橋と並び称せられた日本有数の花街・新潟古町の「新潟芸妓」、そして1950年代まで信濃川左岸の新潟島中心部に堀が張り巡らされ、それに沿って新潟市の木である「柳」をイラストでアイコニックにしたボトル。

IMG_9784_2021121312353517a.jpeg 日が傾いてきた。

IMG_9791_202112131121512e4.jpeg
IMG_9797.jpeg
IMG_9800_2021121311230300d.jpeg 尖閣湾揚島遊園は、奇岩にエメラルドグリーンの海が美しい。佐渡島に行かれたら、是非、回りたい景勝地。

IMG_9786.jpeg 尖閣湾は、天下の絶景と称され、世界一と呼ばれているノルウェーのハルダンゲル海峡(フィヨルド)の景色に勝るとも劣らず、正に東西両岸に対をなす海岸美として、尖閣湾と命名された。

IMG_9801_20211213113915abb.jpeg 佐渡大橋灯台。

IMG_9807_20211213232216481.jpeg 遊仙橋(真知子橋)。

IMG_9815_20211213120844d51.jpeg 本当に佐渡島には、奇岩が多い。

IMG_9836_20211213161332930.jpeg 北沢浮遊選鉱場跡。

IMG_9831_20211213161541431.jpeg
IMG_9838.jpeg
IMG_9840.jpeg
IMG_9846.jpeg 基礎コンクリートに植物が生い茂る、幻想的な鉱石処理場跡。佐渡島のラピュタ(『天空の城ラピュタ』)とも呼ばれる。

 映画では、古代遺跡で主人公の少年少女が古びたロボットから遺跡を案内されるシーンがある。

 1601年に開山されたとされる日本最大の金銀山の佐渡金山の選鉱場であった。江戸時代から昭和にかけて使用された。

 もともとは、銅の製造過程で行われた技術であった浮遊選鉱法を金銀の採取に応用し、日本で初めて実用化に成功したもの。

 戦時下の大増産計画によって、大規模な設備投資がされ、1ヵ月で5万トン以上もの鉱石が処理できることから、「近代遺産の象徴」「東洋一」と謳われた(うたわれた)。

 佐渡金銀山は、明治に入ると、官営の鉱山となり、西洋人技術者を招いて、近代化・機械化が進んでいく。

 一時は、宮内省御料局管轄の皇室財産にもなり、1896年(明治29年)に宮内庁から三菱合資会社へ払い下げられ、1989年(平成元年)3月30日まで採掘が続けられた。

 選鉱場が全体の生産ラインの中で、どんな役割を担っていたのか、工場の全体像を簡単に説明しよう。そもそも浮遊選鉱場と言うのは、採掘した鉱石から、有用鉱物と不要鉱物(脈石)とに分離する施設だった。

 まず、竪坑から何本も伸びる水平坑道でダイナマイトを使って、鉱石を採掘すると、それを蓄電池式の機関車トロッコに乗せ、鉱石を粉砕する「粗砕場(そさいば)」に運ぶ。

 その後、隣の貯蔵施設にベルトコンベアで運ばれ一定期間貯蔵。ある程度、溜まったところで、北沢浮遊選鉱場にトロッコで運び、ここで不要な鉱石を取り除くと同時に金が含まれる鉱石を細かくすりつぶし、浮遊剤を用いて、金銀分を回収する。

 それから粒度の分級を行い、浮遊選鉱と呼ばれる、水と油を混ぜた溶液に粉砕した鉱石を入れてかき回すと、金や銀などの鉱物は浮遊してくると言う。

 回収された金は、大間港から瀬戸内海に運ばれ、最終的に金にされた。現在も、北沢浮遊選鉱場跡は、三菱の所有。

 IMG_9834.jpeg 浮遊選鉱場とともに昭和の大量生産を支えたシックナー(濃縮器)は、不足する工業用水を確保するため、水と不純物を分離する装置で、不純物は捨てられ、水は選鉱場で再利用された。

 直径は、約50メートルで、国内でも最大規模の施設だった。

IMG_9849.jpeg 売店では、埋蔵金小判チョコ(3枚入り)が280円で売られていた。

IMG_9851.jpeg 佐渡金山十両小判チョコレート、1000円。

IMG_9853.jpeg 大切山坑。山師の味方与次右衛門が14年の歳月をかけて、開削したという坑道で、その長さは400メートル、1647年(正保4年)に完成したという。

 坑道が長くなることを予期した与次右衛門は、新鮮な空気を確保するため、2本の坑道を並行して掘り進め、その途中に数ヵ所を貫通させるなど、学術的にも貴重な坑道である。

 現在は、この坑道は、「ガイド付 山師ツアー」として一般公開されており、前日までに予約すれば、ガイドが同行し、ヘルメット、懐中電灯、長靴を頼りに坑道内を見学することができる。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -