FC2ブログ

記事一覧

【改訂】前任アズキ。

IMG_3495_202108141450475b2.jpeg 猫の思い出。モモの前には、黒い小豆みたいな肉球のアズキという猫がいた。

 ボス猫サッキーとジュンの子供。キナコっていう、黄色い毛の妹もいたんだけど、病弱で死んじゃった。

 このアズキが面白い猫で、朝になると、お父さんとお母さんに連れられて、お外にご出勤。トイレになると、家に帰ってきたけどね。

 夕方になると、呼ぶんだけど、塀の上を一直線に走ってきてご帰還。おいしそうにご飯を食べてた。

 母が外で、アズキに会った時、ちょうどメス猫を追いかけてて、母とメス猫をどちらをとるか迷って、右往左往。結局、母に抱かれて帰って来た。

 母がトイレに入ると、ヒザの上に乗って、お腹をモミモミ。猫じゃないんだから、そこからお乳は出ないのにね。

 お風呂に入れると、早く乾かせと言わんばかりに、ドライヤーとかストーブに寄ってきた。

 アズキは可哀想な猫だった。結局、家の前で車に轢かれて死んじゃった。一週間くらい探したんだけど、どこにもいなくて、妹が清掃局に電話をすると、首輪を付けた太った猫が回収された記録が残ってますって言われた。

 母曰く、「アズキはあたしの呼ぶ声を聞いてたんだと思う」って言ってる。2時くらいにおじいちゃんとおばあちゃんの家に行くとき、アズキがいなくて、呼んだんだって。アズキは、家の前で轢かれて、通りを渡ったところで亡くなってた。悲しいね。

 ジュンも面白い猫。毎年、何匹も子猫を産んで、生まれると、うちに連れてきた。朝になると、あたしにあずけて、夜になると回収。

 いつだったか、びしょ濡れで、うちに来て、大きな鯉をくわえてた。いつもお世話になってるお礼ですって言わんばかりに口をモゴモゴさせてた。

 子猫がベランダから落ちたのを見た母。サッキーとジュンの子だった。病弱そうだから獣医さんのところに連れて行ったら、1時間ごとに温めたミルクをあげて下さいって言われた。

 徹夜で看病したけど、結局、亡くなった。家には大きなシュロの木があるんだけど、母と妹とあたしで埋葬した。

 サッキーもやさしい猫で、ご飯をあげると、ジュンに先に食べろとばかりに自分は食べないの。子猫をかわいがり、今で言うイクメン。

IMG_3505.jpeg よくお腹を出して、寝てたっけ。

IMG_3669のコピー これも、サッキーとジュンの子。肉球が黒くないから、何匹目かに産んだ子猫だと思う。ベランダで気持ちよさそうに寝てる。

IMG_3511.jpeg これは、この前亡くなったモモ。ぎゅっと抱っこされてて、母との信頼関係がよく表れてる。なぜか、母のおでこには冷えピタ(笑)。

 節分の日に、母が面白がって、モモに「鬼は外」と豆をぶつけると、母のベッドにまで逃げてって、ヒューヒューと悲しそうに鳴いてた。信頼してたのにひどいってことだと思う。

 これがモモにしょっちゅういたずらをしてたあたしだったら、鳴かなかったと思う。

 友人にもう猫は飼わないのって聞かれた。いつ体調を崩すかわからないあたしでは飼えないわけで、母も自分の方が先に死んじゃう可能性が高い。もう飼えないな。

 サッキーもジュンも亡くなった。みーんな死んじゃった。静かになった我が家。ちょっと悲しい。
関連記事

コメント

次の猫を迎える選択は難しいですね。
私も年齢的にあきらめていますが、いたら笑顔も増えるし生活にも張りがでるのかなって思います。

Re: タイトルなし

machi* さん、コメント、ありがとうございます。カエルのロビンです。そうですね。猫欲しいけど、あきらめるしかないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -