FC2ブログ

記事一覧

お酒がススム! 鶏むねユッケ風の作り方!!

IMG_1757.jpeg 昨日は、オレンジフランを焼きましたが、今日はおつまみというかおかずを作りました。

 その名も、鶏むねユッケ風。「*大人乙女の日常*~ときどき温泉~」という人気ブログのumiさんが作ってたもの。

 前にも一度作ったことがあるけど、また食べたくなったので、作ったよ。

 ちなみにオレンジフランは、今日も食べましたが、出来たての方がおいしいです。

 人気ユーチュバーのかっちゃんねるが元ネタ。あとで、動画のURLを載せますね。

 材料のご紹介。タレの材料。コチュジャン、醤油、オイスターソース、砂糖、ごま油、酢。それにタレじゃないけど、片栗粉。

IMG_1775_20210502225323447.jpeg そして、肝心な鶏むね肉。300gくらい。292円也。

IMG_1741_2021050222474075a.jpeg 長ねぎ、258円也。

IMG_1778_20210502225456be0.jpeg あとは、きゅうり(128円也)とニンニク(358円也)。はてさて、どんなものができるのかな?

IMG_1804.jpeg
IMG_1808.jpeg 鶏むね肉は皮をむきます。皮をむくだけで、脂質7%程度がカットできます。

IMG_1811.jpeg 中央で半分に切る。

IMG_1815_20210502230958c12.jpeg 繊維に対して、垂直に包丁を入れ、削ぎ切りにします。

IMG_1831.jpeg
IMG_1840_20210502231045e1d.jpeg さらに繊維を断ち切りながら、細長く切ります。料理酒大さじ1を全体に揉み込み、10分ほど置きます。

IMG_1854_20210503000909c43.jpeg 鶏肉を漬けておく間にタレ作り。

 耐熱容器に料理酒大さじ1とみりん大さじ1を入れ、600ワットで40秒ほど加熱する。アルコールが飛べば、OK。

 それにコチュジャン大さじ1、醤油大さじ2、オイスターソース大さじ1、砂糖大さじ1、ごま油大さじ1、酢大さじ2分の1、すりおろしニンニク小さじ1を混ぜ合わせておく。

IMG_1864.jpeg
IMG_1869.jpeg 長ねぎ50gをみじん切りにする。50gを一発で計れたので、なんかうれしい(笑)。

 にら30gは、5mmから1cmほどに切る。母はニラが嫌いなので、入れないことにする。

IMG_1873.jpeg きゅうり2分の1本。動画を見ると、一本の間違いじゃね?

IMG_1878.jpeg 斜めに包丁を入れ、大きめの輪切りにする。

IMG_1883.jpeg そして、千切りにする。

IMG_1887_202105022337170d4.jpeg お気に入りのお皿に盛り付けておく。

IMG_1890_20210502234618802.jpeg
IMG_1900_20210502235207817.jpeg 鶏肉を10分アルコールに漬けておいたら、片栗粉大さじ3を全体にまぶす。

IMG_1896_20210502235246bf3.jpeg
IMG_1904.jpeg たっぷりの沸騰したお湯で、鶏肉を茹でる。1本ずつポトンポトンと落としていく。1分ほどさっと茹でたら、鶏肉が浮いてくるので、茹で上がり。

 氷水に取り出す。氷がないので、ケーキに付いてきた保冷剤を使う。粗熱が取れたら、水気をしっかりときる。

IMG_1908.jpeg 鶏肉と野菜とタレを入れる。

IMG_1919.jpeg よく混ぜ合わせる。

IMG_1933_20210502235833e2f.jpeg 最後に味が薄く感じる場合には、塩で調節する。

 皿に盛り付けて、中央に卵黄を落とせば完成! お好みでラー油をかけてもいいですよ。あたしはラー油をかけた方が好き。いやあ、料理っていいですね(笑)。

■鶏むねユッケ風の作り方動画
https://www.youtube.com/watch?v=3Ix1-HKJPvE
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -