FC2ブログ

記事一覧

ビーチサンダル。

IMG_7786.jpg 子供の頃、親戚と川へ遊びに行ったことがある。子供も大人も川に入り、それはそれは楽しかった。

 ふざけていると、あたしのお気に入りのひまわりの絵が描いてあるビーチサンダルが脱げて、流された。あたしは、川をかき分け、ビーチサンダルを追いかけた。

 川の先には、小さな滝があった。みんなが「Tちゃん、行くな! 危ない!!」と叫んだ。それでも、お気に入りのものが流されていくのがイヤだったあたしは、必死で追いかけた。

 どうにか一つ、ビーチサンダルを捕まえた。残る一つも捕まえようと、滝があることも忘れて、川をかき分けた。

 あと一歩で滝に落ちる寸前、母の兄弟の三番目の叔父が追いかけてきて、あたしを抱きかかえた。危機一髪だった。

 あたしの手には、奇跡的にもう一つのビーチサンダルも捕まえていた。

 あたしは、罰として、父に車に“監禁”された。どのドアも内側からは開かなかった。いとこたちが遊ぶ声が聞こえるのに、車から出られないので、泣いた。

 しばらくして、父がきれいなアゲハチョウを捕まえてきて、車の中に放った。何も言わずに立ち去ったので、まだ怒ってるのかどうかわからなかった。

 狭い車の中で、きれいに舞うアゲハチョウ。あたしは、見とれて、車から出られないことを忘れた。

 その日から、「Tちゃんは、強情なところがあるねぇ」と親戚の大人たちに笑われた。ひまわりのビーチサンダルは、その後も、大事に履いた。

 強情。意味は、意地が強く、一度こうと決めたら、それを守り通すこと。あんなに父に反対されたのに、あたしはライター&編集者になった。三つ子の魂百まで。

 父はあれだけ反対したのに、あたしが記事を書いたり、本を編集したりすると、ご近所に見せて回った。誇りに思ってくれたのだろう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -