FC2ブログ

記事一覧

(2)ダイエット携帯アプリ「あすけん」健康情報!

IMG_3010のコピー2
IMG_2200のコピー2 ある日の朝食。スパニッシュオムレツ、納豆、リコッタチーズ(蜂蜜がけ)、ゴールドキウイ、紅茶(無糖)、もずく。

 朝食を食べると、体温が上がり、一日のエネルギー消費が高くなるので、ダイエットに効果的。

 さらにお通じを促したり、自律神経のバランスを整えたりと、一日を元気に過ごすことができる。

 納豆や海藻類に含まれるビタミンB2は、脂肪を分解する時に必要な栄養素。

 よく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎが抑えられる。

 満腹感を感じ出すのは、食事を始めてから、15〜20分前後と言われる。ゆっくり噛んで食べると効果的。

 朝食に卵や大豆料理、昼食に肉料理を選んだら、夕食は魚料理が理想的。

IMG_9943のコピー 美しく痩せるためには、抗酸化力の強いβ-カロチンをしっかり摂るとよい。β-カロチンは、色の濃い野菜に多く含まれる。

 カリウムは、体内の水分バランスを調整したり、ナトリウムによる血圧上昇を抑制したりする。

 高血圧症の人が血圧のリスクを減らすには、カリウム摂取量が通常より多めの一日3500mgが推奨されている。血圧が気になる人は、意識的に摂るようにするとよい。

 カリウムは、体内の水分バランスを調整したり、ナトリウムによる血圧上昇を抑制したりする。

 高血圧症の人が血圧のリスクを減らすには、カリウム摂取量が通常より多めの一日3500mgが推奨されている。血圧が気になる人は、意識的に摂るようにするとよい。

 また、ナトリウムと相互作用して、筋肉の動きを正常に保つ働きがある。

 ナトリウムとカリウムは、一緒に働いていて、ナトリウム:カリウム=1:2の比率で摂ることで、体内の水分濃度を正常に保つ。

 このバランスが崩れると、ナトリウムが上手く排出できなくなる。

 カリウムを多く含む食材は、特に葉野菜や果物。

 100グラムあたりの含有量は、
・ほうれん草 690mg
・小松菜 500mg
・里芋 560mg
・焼き芋 260mg
・モロヘイヤ 530mg
・鯛や鰺(焼き魚) 510mg
・納豆 330mg
・バナナ 360mg

 納豆や海藻類に含まれるビタミンB2は、脂肪を分解する時に必要な栄養素。

 ビタミンB1には、疲労物質を溜めにくくする作用がある。また、摂取した糖質を体内で活用させるためにも、ビタミンB1の補給を意識するとよい。

 ビタミンB1が豊富な食材は、豚肉。脂の少ないヒレやももの部位がおすすめ。豚肉には劣るが、植物性食品では、玄米、枝豆、豆腐などに含まれているので、脂質の摂取量とバランスをみながら、取り入れていきたい。

 ビタミンB1は、糖質の代謝を助ける働きがあるので、米を主食とする日本人には、ビタミンB1は欠かせないビタミン。ご飯に雑穀をプラスすると、ビタミンB1が補給できる。

 玄米や押し麦、全粒粉を使ったものなら、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1も摂れる。

 加熱調理には、オリーブオイル。オリーブオイルに主成分であるオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やしてくれる役割がある。

 低GI食品の雑穀や玄米、押し麦、全粒粉を使った主食を上手に選ぶ。低GI食品は、血糖値の上昇が緩やかなので、腹持ちがよく、ダイエットによい。

 糖質30g前後の主食は、ご飯2分の1杯、お餅一個、麺類(中華麺やパスタ)2分の1玉、食パン(6枚切り)1枚、ロールパン1.5個、オートミール40g。一食あたりで、この程度が適量。

 カロリー不足が続くと、ビタミン、ミネラルも不足がちになる。そうすると、疲れやすくなったり、免疫力が下がったりする可能性があるので、翌日の食事で挽回して、続かないように調整するとよい。

 母の整形外科に付き合い、1時間半待たされたので、雑誌「ガッテン!」からの健康情報(笑)。

 オクラや山芋などのネバネバ野菜は、糖質をおおって、消化を遅くする効果がある。

 寒天やこんにゃく、海藻類は、低カロリーな上、糖質や脂質の排出効果に優れた食物繊維がたっぷり。便秘改善。

 寒天を料理のとろみに使うとよい。ジュレサラダなど。

 野菜、たんぱく質、炭水化物の順に食べる。

 鶏もも肉は、皮を残すだけでも、脂質7%程度がカットできる。

 疲れた時は、ビタミンB1。肉類、魚類、豆類、穀物、種実類などに多く含まれる。

 鉄は、あさりやレバー、木綿豆腐に豊富に含まれる。

 ビタミンB6は、タンパク質の合成に欠かせない栄養素。タンパク質の摂取量が増える。糖質制限中は、特に意識して摂りたい。

 赤みの魚やヒレ肉、ささみなど脂が少ない肉類に多く含まれている。植物性の食品では、バナナやパプリカ、さつまいも、玄米などにも比較的多く含まれている。

 ビタミンB1は、糖質の代謝を助ける働きがあるので、米を主食とする日本人には、ビタミンB1は欠かせないビタミン。ご飯に雑穀をプラスすると、ビタミンB1を補給できる。

 ビタミンAは、カラダのサビを防ぐ抗酸化ビタミン。豚レバーや鶏レバー、卵などに多く含まれる。

 冷凍ブロッコリーとツナ缶の和え物。検疫力キープのビタミンAとビタミンC、たんぱく質なども摂れる優れもの。

 また、ナトリウムと相互作用して、筋肉の動きを正常に保つ働きがある。

 ナトリウムとカリウムは、一緒に働いていて、ナトリウム:カリウム=1:2の比率で摂ることで、体内の水分濃度を正常に保つ。

 このバランスが崩れると、ナトリウムが上手く排出できなくなる。

 カリウムを多く含む食材は、特に葉野菜や果物。

 100グラムあたりの含有量は、
・ほうれん草 690mg
・小松菜 500mg
・里芋 560mg
・焼き芋 260mg
・モロヘイヤ 530mg
・鯛や鰺(焼き魚) 510mg
・納豆 330mg
・バナナ 360mg

 納豆や海藻類に含まれるビタミンB2は、脂肪を分解する時に必要な栄養素。

 ビタミンB1には、疲労物質を溜めにくくする作用がある。また、摂取した糖質を体内で活用させるためにも、ビタミンB1の補給を意識するとよい。

 ビタミンB1が豊富な食材は、豚肉。脂の少ないヒレやももの部位がおすすめ。豚肉には劣るが、植物性食品では、玄米、枝豆、豆腐などに含まれているので、脂質の摂取量とバランスをみながら、取り入れていきたい。

 ビタミンB1は、糖質の代謝を助ける働きがあるので、米を主食とする日本人には、ビタミンB1は欠かせないビタミン。ご飯に雑穀をプラスすると、ビタミンB1が補給できる。

 玄米や押し麦、全粒粉を使ったものなら、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1も摂れる。

IMG_5646のコピー ある日の夕食。牛肉のバター炒め、茹でブロコッリー、トマト(ドレッシングなし)、なめ茸ご飯、ゴールドキウイ。

 野菜料理やメイン料理から先に食べると、食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれる。野菜やきのこ類に含まれる食物繊維は、脂質の吸収を抑える効果がある。

 美しく効果的にダイエットするには、野菜からのビタミンやミネラルをしっかり補給し、燃えやすいカラダにしていくことが大事。

 食物繊維には、脂質の吸収を抑えたり、糖質の吸収をゆるやかにする効果がある。ダイエット中は、こまめにしっかり補給すべし。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
★リンクフリーです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -